雇用保険の「教育訓練給付金」制度をご存じですか。 キャリア形成を支援する制度を大いに活用しましょう。

Lesson.14 「教育訓練給付金」

在職しながらのキャリアアップをサポート 経費の20%相当分が支給されます

仕事を始めると、雇用保険に加入しますが、この保険にキャリア形成を支援するための給付制度があることは案外知られていません。

この制度は、「仕事の知識やスキルを高めてキャリアアップしたい」「資格を取るための勉強をしたい」「新しい仕事にチャレンジしたい」など、働く人の能力や意欲を支援するとともに、再就職の促進を図るために支給されるものです。

簿記検定や情報処理技術者資格取得講座、介護職員初任者研修、カラーコーディネーター、インテリアコーディネーター、食生活アドバイザーなどが対象となる「一般教育訓練給付金」と、厚生労働大臣の指定を受けた専門学校の職業実践などが対象となる「専門実践教育訓練給付金」があります。

一般教育訓練給付金は、雇用保険の加入期間が3年以上の人(初めて支給を受ける人は1年以上)、また仕事を辞めてしまっている人も、資格喪失日から1年以内であれば、支給を受けることができます。

支給額は、費用の約20%相当。例えば、8万円の講座を受講していれば、終了後、1万6000円(上限額は10万円)が支給されます。

この春から勉強を始めたいと思っている人は、支給対象の講座があるかもしれませんので、ハローワークなどに相談してみるといいですね。

杉山 友香さん

キャリアコンサルタント
杉山 友香さん