最近よく耳にする「ワーク・ライフ・バランス」。仕事と生活をどう捉えていけばいいのか、一緒に考えてみましょう。

Lesson.15 「ワーク・ライフ・バランス(結婚)」

暮らしを豊かにする「仕事」と「生活」の調和 中・長期的な視点で考えてみましょう

「ワーク・ライフ・バランス」とは、一般的には「仕事(ワーク)と生活(ライフ)の調和」と訳されます。しかし、仕事と生活をどう調和させていくかは、その人のライフステージや環境、価値観で大きく変わり、これが正しいというものはありません。

やりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすことはもちろんですが、家族や地域との関わりを深め、自己啓発の時間も確保するなど、仕事と生活の調和を考えながら豊かに暮らしていこうという考え方です。

女性は特に、「結婚」というライフステージに立ったとき、「このまま仕事を続けられるのか」「子どもができたらどうする」「夫の転勤があればキャリアがストップしてしまう」など、結婚後想定される暮らしの変化について考えることも多いでしょう。今後の働き方や暮らし方を考える上で、どういうことに重点を置き、どのように暮らしていきたいかなどを、新生活をスタートさせる前にパートナーと一緒に考えられるといいですね。

ここで忘れてならないのが、「ワーク・ライフ・バランス」の柱となるのは、自分たちが“幸せ”になるための暮らしを考えるということ。目の前のことだけでなく、中・長期的な視点で、家族の課題として人生を考えてみる機会にしてはどうでしょう。

キャリアコンサルタント 森田 裕子さん