入社後、環境の変化に対応できず、体調を壊す人が多くいます。心身に影響を及ぼす前にできることを考えてみましょう。

Lesson.20 「五月病」

心身に影響を及ぼす前に相談することが大切 実現できそうな短期目標にチャレンジ

もうすぐ入社して1カ月がたちますね。この時季になると、新入社員の中には、新しい環境に適応できずに、「やる気が出ない」「何となく憂うつな気分になる」「集中力が持続しない」という人が見られます。中には、頭痛が続いたり、胃腸を壊したりするほか、睡眠が取れないなど、心身に異常を来す人もいます。

これらの人に話を聞いてみると、周りに認めてもらいたいという思いが強く頑張り過ぎている人や、最初から目標が高過ぎて、達成できていないことへの焦りを抱えている人も多いようです。

初めての環境では、周りの人が自分より立派に見えますが、結構みんな同じように感じているものです。気持ちのゆとりを持って仕事に取り組み、心を開いて同期の社員や先輩などに相談してみるといいですね。

また最初は、時間がかかりそうな中・長期の目標だけでなく、実現できそうな短期目標を設定し、目標を達成する充実感を得られるようにすることもモチベーションアップには大切です。

ゴールデンウイークなどまとまった休暇があると、緊張が解け夜ふかしなどで生活のリズムを崩しがちです。この期間は、少し体を動かしてリフレッシュするなど、休み明けに万全の態勢で仕事をスタートする英気を養う時間と捉えましょう。

森田裕子さん

キャリアコンサルタント
森田裕子さん