働いていると、PTA活動にあまり参加できず、悩んでいるママも多いようです。

Lesson.23 「仕事をしながらのPTA活動」

「学校行事やPTA活動=ママの役割」ではなく家族で役割分担をしましょう

幼稚園や保育園、小・中学校で新しいPTA役員が決まりスタートしているところも多いと思います。この時季、働くママたちから、「活動に参加したいけれど、仕事を休めない」という声をよく聞きます。

PTA活動とは本来、任意の活動のはずですが、学校によっては「役員が全て決まるまで教室から帰れない」「仕事で総会に遅れて到着したら役員の割り当てが終わっていた」という話も実際にあるようです。

私も保育園児と小学生の娘がいるので役員決めの経験があります。協力したい気持ちはあっても、仕事をしていると物理的に不可能な役務はあるので、私は自分ができることに先に手を挙げるようにしています。毎回、打ち合わせに参加することはできないので、司会や案内文書の作成など、自分の得意なことは率先して引き受けています。「仕事をしているから役員はできない」ではなく、「やれることは協力するよ」という姿勢が大切なのだと思います。

また、PTA活動はママの役目と思われがちですが、パパにも積極的に参加してもらいましょう。娘の小学校の行事委員会では、運動会やどんどやなどには男手がどうしても必要です。働きながら夫婦で学校行事に携わっている姿は、子どもたちへのキャリア教育にもつながるはずです。

また子どもたちも小学校に上がれば、自分でできることが増えてきます。家事なども含めて、家族の役割を見直してみるといいかもしれませんね。

杉山友香さん

キャリアコンサルタント
杉山友香さん