今回は、いろんな意味を持つ「キャリア」について考えてみましょう。

Lesson.42 「キャリアとは?」

キャリアとは、誰もが持つ人生の足跡 一人一人の生き方そのものです!

皆さん、「キャリア」と聞いてまず何を思い浮かべますか? キャリア官僚、キャリアウーマンなどの言葉から、上級公務員職や管理職志向が強い人など、特定の人や職種を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。学生に同じ質問をすると、「携帯電話会社のことですか?」という答えが返ってきます。

間違いではないのですが、ここで私たちが話してきた「キャリア」とは、ラテン語の「carrus(車輪の付いた乗り物)」が語源で、その轍(わだち)を意味しているといわれています。

車輪が通った跡には2本の軌跡が残るように、私たちは、仕事や日々の生活を通してさまざまなことを経験し、スキルを習得しています。仕事における知識や技術の積み重ねだけでなく、子育ての経験やPTA活動で培った経験なども当てはまります。

これらを得るためのプロセス(過程)、その人が歩んできた道が「キャリア」なのです。決して特別な人たちだけを指すのではなく、誰もが持つ人生の足跡、いわば生き方そのものといえるでしょう。

これを踏まえて「キャリアプラン」や「キャリアデザイン」について考えると、皆さんの人生を豊かに、さらに広がりあるものにできると思います。自分のキャリアをどう描いていきたいのか―。キャリアコンサルタントによる無料相談ができる、しごと相談・支援センター(くまジョブ)など、公的な機関を利用してみるのもいいですね。

キャリアコンサルタント 杉山友香さん

キャリアコンサルタント 杉山友香さん