趣味で取得した資格や能力が、思いもしないところで役立つこともあるそうです。

Lesson.58 「身に付けておくと役立つ資格、能力」

趣味で身に付けた資格や能力 仕事で生かされることも

身に付けておくと役立つ資格や能力は、職種や一人一人が置かれた環境によって違ってきます。例えば事務職であれば、パソコンスキルや簿記は必須条件となりますし、コミュニケーション能力は、ほとんどの仕事で役立つ能力といえるでしょう。

また国家資格や特別な資格が必要な職種となると、資格や免許の有無で任される仕事の範囲が変わってきますし、資格手当など給与に差が出ることもあります。資格がないことで、いつまでも補助的な仕事しかできないということもあります。今は勤務しながら取得できる資格もあるので、職業訓練校などの情報を調べてみるといいですね。

資格、能力には、直接今の業務には必要ないものもあります。例えばフラワーアレンジメントや茶道など、趣味で習っていたとします。営業職で「お得意様から花をいただき、得意なフラワーアレンジを生かして花瓶に生け、受付に置いていたら、皆に喜んでもらえた」といったこともあるかもしれません。趣味で習っていた茶道の所作が、接待の席で役立つこともあります。

また、以前取得していた介護ヘルパーの資格があることで、福祉車両を持つタクシー会社に就職できたという人もいます。今は、仕事の体験会を実施している職場も多いので、まずは体験してみて、それに必要な資格を見極めるのも一つの方法です。

習得した資格や能力はどこで役に立つか分かりません。現状の仕事をさらに深めるために、何か一つでも新たなチャレンジをしてみるのもいいですね。

キャリアコンサルタント 森田裕子さん