相手を尊重し、”自分もOK、相手もOK”とする考え方で、好循環につながることもあるようです。

Lesson.60 「Win+Winの考え方」

価値観の違いを認識し、相手を尊重する気持ちが大切

自分に厳しい人は、他人にも厳しいとよくいわれます。もちろん仕事の中では、厳しさがあってこそという場面が多いのですが、時と場合によっては、完璧にできていなくてもよしとしたり、できたことに目を向けたりすることで、結果としては物事が良い方向に進むことがあります。

価値観は人それぞれなので、自分もOK、相手もOKという考え方、すなわち“Win+Win”の考え方によって、コミュニケ-ションをより円滑に進められる場面があるからです。

例えば、会社組織の中で決められているルールに、「何の意味があるの?」と疑問を感じることがあったとします。しかし、その場で異論を唱えて会社と衝突するのではなく、そのルールができた背景には何か理由があるのかもしれないと考え、とにかく一度そのルールに沿ってやってみる。一呼吸置いて、自分が賛同できないことも、理解しようとしてみるのです。

すると、一度やってみたからこそ分かることや、自分なりの改善策があるかもしれません。昔からある慣習を否定するのではなく、新たな視点での改善策を会社に提案してみることで、自分にとっても会社にとってプラスになれば、それはWin+Winなのです。

大切なのは、価値観の違いを認識し、相手を尊重する気持ち。コミュニケーションを取りながら、さらに発展させていくことで、お互いが成長できる関係性を築いていけるといいですね。

キャリアコンサルタント 森田裕子さん