今回教えてくれるのは「浦田幸助さん」

うらた こうすけ

浦田幸助FP事務所所長。個別相談への対応やセミナー開催など、活動は多岐にわたる。ファイナンシャルプランナー(CFP(R))、一級ファイナンシャルプランニング技能士。
https://www.sfpmoney.jp/


【今回のスタディー】有事の!?「金」投資

株価が世界的に下落する中、「金」の価格が上がっています。地金大手の田中貴金属工業によると、今年3月7日現在、日本での小売価格は1g当たり8005円となり、初めて8000円を超えました。インフレが進む中、ロシア軍によるウクライナ侵攻に対して、安全資産とされる金を買う投資家が増えているためです。昔から、金は有事に強いとされます。

株式や株式投信の積み立ては、良い時も悪い時も長期間コツコツとやることが重要ですが、株価の低迷が続くと不安になる方もおられると思います。そういう方は、資産の一部を金投資に回してみるのはいかがでしょうか。代表的な金投資の方法は下の表の通りです。
ただし、次のようなデメリットもあるため注意してください。

【利子や配当がない】

金投資には預金のような利子や株式のような配当がなく、金を保有するだけでは資産が増えません。金投資で利益を出すには、購入時よりも高値で売却する必要があります。

【紛失や盗難のリスクがある】

金を現物で保有する場合に問題となるのは、紛失や盗難のリスクです。保管を業者に依頼する場合は費用がかかり、預け入れや引き出しにも手数料がかかる場合があります。

【手数料が高い】

金投資の種類によっては取引の手数料が高くなる場合があります。

■代表的な金投資の方法と主な特徴

金地金・金貨

金地金は、5gから1㎏まで、取引時の価格で買うことができる。一方、金貨の場合は、カナダやオーストリア政府などが保証するもので、1/10オンスから1オンス(1オンス=31.1035g)までの重さで購入が可能。

純金積立

月々1000円から始められる手軽さが魅力。また、積立金はドルコスト平均法で定額購入されるため、価格変動リスクを抑えられるメリットがある。

金ETF

金価格に連動するETF(上場投資信託)。ETFは株式投資と同じようにリアルタイムで取引できるのが特長で、5000円程度から投資可能なものもある。現物取引よりも手数料が安く、保管料もかからない。


金投資をしてみたいと思ったら…

金投資をするとして、どこで購入することができるのでしょうか? 「金貨・金地金」は、宝飾店や地金商、金属メーカーなど、「純金積立」は、地金商や金属メーカー、証券会社、商品先物業者など、また「金ETF」は、証券会社で買うことができます。

一方、相場はどのようにチェックすればよいでしょうか? 世界の金価格は基本的に「米ドル」で表記されますが、「日本円」で確認したいと思ったら、田中貴金属工業が発表する価格を参考にするとよいでしょう。同社は国内ナンバーワンのシェア率を誇る企業で、日本の金取引において基準価格として扱われています。


相談者募集!

家計簿チェックをしてほしい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支表(紙面参照)と住所・氏名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計簿チェック」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

毎月の家計が大赤字
どう節約したらよい?

お楽しみに!