今回答えてくれるのは 佐藤ななみさん

数年以内に住宅を取得したい 今の家計のやりくりで大丈夫?

Q.

数年以内に家を建てたいと思っています。外構工事なども含めて3500万円ぐらいに収めたいと夫婦で話していますが、素人考えのため適切かどうか…。子ども2人の教育費なども考え、家にどれぐらいかければよいでしょうか。

現在、私は育児休業中です。来年の職場復帰以降は夫と同程度の収入となりますが、残業が多い職場なので、2~3年後には転職したいと考えています。資金計画的に可能ならパート希望ですが、それでも家を建てて大丈夫でしょうか。

生命保険は、学資保険代わりに第1子分を年50万円、第2子にも変額保険で月3万円を払っています。

A.

住宅予算については、家計の数字だけでポンと答えが出るものではないことをまず、ご理解ください。なぜなら、住宅にかかるお金はローンの返済だけではないからです。固定資産税や火災・地震保険の保険料、また、10年、20年といった長期サイクルでは屋根や壁、水回りなどのメンテナンス費用も考えておかなければなりません。これらは住宅の構造や素材によっても大きく異なり、資金計画はその辺まで含めて検討する必要があります。

そもそもどこにどんな家を建てたいのか? 希望の物件が手に入る金額を想定しなければ実現するものもしませんよね。数字だけを見て悩んでいても仕方ありません。住宅会社を当たって目安を付けるところから始めてみてください。

ご参考として、仮に3500万円の住宅ローンを35年で返済する場合、月々の返済額はおよそ10万円前後で、現在の家賃と大差はありません。収支表を拝見すると、妻の収入が一切なかったとしても黒字という状況ですから、妻がパートに変わっても、また、予算を多少上積みしても問題ないように思います。

生命保険料について、保障に対する支払いが少ないのは職場の共済を有効利用できているたまものでしょうか。一方で貯蓄の分は、保険が本当に最適なのか、急ぎ精査したいところです。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

家計簿チェックをしてほしい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支表(紙面参照)と住所・氏名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計簿チェック」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

妻がパートになり、収入が半減
住宅・車の取得、進学など大丈夫?

お楽しみに!