今回答えてくれるのは 佐藤ななみさん

低収入で将来に不安が… 上手に貯蓄するため、見直せる点は?

Q.

現在、独身で実家暮らしです。ゆくゆくは結婚もしたいですし、子どもも希望していますが、低収入のため貯蓄が難しく、将来が不安です。

今の勤め先は会社の規模が小さくボーナスがありません。退職金制度もありませんが、近々、確定拠出年金を導入するという話があり、興味を持っています。

生命保険は、入院したときや働けなくなった場合に備える目的で月々8000円を、また貯蓄目的で月々1万5000円と、年払いで外貨建終身保険に20万円ほど払っています。

もっと上手に貯蓄できるよう、見直せる点を教えてください。

A.

「貯蓄できている実感がない」そうですが、収支表を拝見すると、貯蓄目的で拠出している金額は、積立と保険を合わせて年間62万円。実に手取り額の3分の1に相当し、かなり優秀だと思います。

見直せる部分があるとすれば、貯蓄手段に保険商品を使っている点。保険は預金とは異なり、支払った全額が積み立てられるわけではありません。保険種類や契約期間などによっても異なりますが、おおむね1~3割が万一の保障などの費用として差し引かれるため、長期間の元本割れが避けられない構造です。その割に低金利で収益は期待できず…。ある程度の期間、元本割れを受け入れられる資金なら、つみたてNISAや導入予定の確定拠出年金など、優遇税制を利用した積立投資を検討してみては。コスト面も収益性も格段に改善されると思います。

生命保険は、万一の保障内容も今一度確認しましょう。「働けなくなったら」で人気の就労不能保険ですが、保険金が給付される「所定の状態」は会社によって異なります。どんな状態でいくら受け取れるのか。払い込み額次第では、貯蓄の方が役に立つ可能性も考えられると思います。

最後に、確定拠出年金は60歳まで絶対に引き出しできません。節税額とのバランスを見て、無理のない金額で続けてくださいね。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

家計簿チェックをしてほしい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支表(紙面参照)と住所・氏名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計簿チェック」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

住宅の買い替えなどを予定
現在の家計で将来的に大丈夫?

お楽しみに!