今回答えてくれるのは「浦田幸助さん」

現在の資金を少しでも増やすには? 資産運用に興味があるけど…

Q.

現在、夫と義母と3人暮らしです。要介護5の義母を介護しながら仕事をしています。

将来的に自分自身や夫も介護が必要になることを念頭に置いており、そのために、現在の資金を少しでも増やしておきたいと思っています。資産運用に興味を持っていますが、内容がよく分からず、自動の資産運用サービスはどうかと考えています。

また、住宅ローンの返済はまだ5年ほどで、80歳になった時点で長男に引き継ぐ予定です。何か注意しておく点はありますか。

その他、気になる部分があれば、アドバイスをお願いします。

A.

これから先のキャッシュフローを計算してみると、現状のままで100歳くらいまでは貯蓄が尽きないと思います。従って、資産運用の優先度はそれほど高くありません。運用を行うのであれば、運用率は低くてもリスクが少なく手数料が安い金融商品を選んではいかがでしょうか。

お尋ねの自動資産運用サービスは、運用したいお金を預けるだけで、投資商品の銘柄の選定から、購入、管理、売却、見直しまでをワンストップで行うものです。 「ラップ口座」や「ロボアドバイザー」などがあり、ラップ口座は、証券会社のアドバイザーと相談しながら銘柄を決め、運用を一任します。一方、ロボアドバイザーの中でも「投資一任型」は、年齢、資産規模、リスクへの考えといった質問に答えることで、ロボットが最適な銘柄の選定や資産配分などをしてくれます。

いずれも投資経験が少ない方などにおすすめですが、手数料が高い(ラップ口座3%程度、ロボアドバイザー1%程度)点を頭に入れておいてください。

住宅ローンについては、恐らくリレーローンを組まれていると思います。お子さまが将来、返済を引き継がれる際に、団体信用生命保険(団信)がどうなっているかや、お子さまが今後ご自宅をどうされるかなどの確認作業を行っておく必要があるでしょう。


うらた こうすけ

浦田幸助FP事務所所長。個別相談への対応やセミナー開催など、活動は多岐にわたる。ファイナンシャルプランナー(CFP(R))、一級ファイナンシャルプランニング技能士。
https://www.sfpmoney.jp/

相談者募集!

家計簿チェックをしてほしい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支表(紙面参照)と住所・氏名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計簿チェック」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

マンションを売却し、戸建てを新築したい
現実的なのか…?

お楽しみに!