今回答えてくれるのは 佐藤ななみさん

マンションを売却し、戸建てを新築したい シングルマザーだけど現実的なのか?

Q.

離婚してシングルマザーになりました。住んでいるマンションを売却し新築戸建てに住み替えることを検討しています。子どもにとっての住環境を考えてのことですが、現実的ではないでしょうか。

希望価格でマンションが売れた場合、手元に残る現金で車のローンを清算するつもりです。住宅ローンは3200万円ほどの借り入れで35年返済を予定。退職後の返済財源については、つみたてNISAの予算を削って変額保険で用意する提案を受けており、前向きに検討しているところです。

固定資産税など他の費用は現在とさほど差はないと見込んでいます。

A.

まずは、住み替えの件。お持ちの資産や収支状況に照らして十分に現実的な計画かと思います。新規で予定されている住宅ローンは、現在返済中の住宅ローンや管理費などの合計額と同水準の負担ですね。車のローンが完済できることで、年間黒字額は32万円ほど増加する見込みです。

気になるのは、つみたてNISAの財源を変額保険に回す件。提案の詳細を伺うと「月2万5000円を20年間(累計600万円)支払うと、3%で運用できた場合には601万円の解約返戻金がたまっている」とのこと。これを複利率に換算すると実質的な運用成果は0・02%となります。3%のはずではと思われるかもしれませんが、それは保険料から保障費用などを差し引いた資金を積み立てる利率です。逆算すると、このケースにおける保障費用などの実質負担額は月7000円程度となるようです。

変額保険をご検討のもう一つの理由として「保障(死亡時1300万円)がある」と言われますが、同額程度の保障なら掛け捨て型で月2000円も出せば十分に充当可能です。そもそも、万一の保障については、団体信用生命保険や公的遺族年金なども併せると、既契約分さえ月1万円程度は節約できるぐらいかと考えます。総合して、よりコスト負担の軽いつみたてNISAの継続をお勧めします。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に、家計・住宅資金・保険・資産運用・終活に関する個別相談業務やセミナーを展開中。YouTubeチャンネルでもお金の情報を分かりやすく発信。
https://financialcoach.jp/

相談者募集!

家計簿チェックをしてほしい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支表(紙面参照)と住所・氏名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計簿チェック」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

知りたい! お金の話

お楽しみに!