"お金のプロ"がズバリ!家計簿チェック

今回答えてくれるのは「浦田幸助さん」

ローン支払いが家計の負担に 改善に向けてアドバイスを

Q. ローン支払いが家計の負担に 改善に向けてアドバイスを

家を今年5月に購入しましたが、ローンの支払いが家計の負担となっています。その上、両親が体調を崩したため、実家で暮らすことになりました。そこで、家を手放そうと考えています。住宅は1680万円ほどを全額住宅ローンで購入しましたが、その残高がほとんどが残っているため、現時点で1490万円程度での売却を検討しています。

また、他にも車のローンなどがあり、毎月10万円以上のローンを支払っています。このままでは将来的に家計が不安です。アドバイスをお願いします。

A. 住宅は売却か貸し出しの検討を 車のローン軽減も考えて

住宅は、お聞きした状況だと、売却ないし貸し出しを検討すべきだと思います。もしそのまま持ち続ける場合、来年から家計は赤字になると思われるからです。

私に土地勘がありませんので、売却価格の妥当性が判断できませんが、地元の不動産業者と相談されて、とのことでしたので、1490万円での売却を前提に考えます。そうすると、ローン残高が売却価格を上回るため、約200万円の資金を用意しなければなりません。現在、貯蓄がありませんので、こちらもローンを組む必要があります。仮定した通りにうまくいって、ローンを借り入れることができれば(ローン金利を1.3%と仮定)、来年からの赤字はなくなり、60歳時点で1400万円ほど貯蓄残高が変わってくると予想されます。

一方で、想定価格で売却できない場合も考え、家計の改善を検討してみましょう。実家で暮らしているということで、食費や水道光熱費が抑えられている点は良かったと思います。

問題はローンです。特に車のローンの軽減を検討されてはいかがでしょうか。今後購入される車は、なるべくローンを組まずに買われることをお勧めします。また、現在2台お持ちとのことでしたので、可能なら1台を処分すれば、維持費も含めて家計が改善されると思います。


うらた こうすけ

浦田幸助FP事務所所長。個別相談への対応やセミナー開催など、活動は多岐にわたる。ファイナンシャルプランナー(CFP(R))、一級ファイナンシャルプランニング技能士。
https://www.sfpmoney.jp/

「家計簿チェック」の相談者を募集中!

専用フォームの必須事項にあなたの家計を入力するだけ。
講師に相談して、家計を見直してみませんか。採用分には商品券3000円進呈。

専用フォームにアクセス!

※応募後、紙面掲載が決まりましたら、講師から確認の電話があります
※紙上では仮名とさせていただきます
※お預かりした個人情報は、応募内容の確認のための連絡および賞品の発送以外に使用しません