勧められるまま入った生命保険 保険料が高過ぎる気がして…

Q.

生命保険のことで悩んでいます。保険ショップの無料相談を利用し見直しましたが、結局はよく分からず、勧められるまま加入。保険料が高いような気がしながらも、損はしたくないのでやむなく続けています。

マイホームも勢いで購入しましたが、お金のことをもっとちゃんと勉強してから買うべきだったと反省しています。

営業職である夫は、経費を立て替えることも頻繁です。マイレージを貯(た)めたくて家計費と同じカードで支払っていますが、金額が大きい上に精算までタイムラグがあり、家計管理がしにくいのも悩みです。


A.

“無料相談”がうたい文句の保険ショップ。そのビジネスモデルは、複数の保険会社と代理店契約を締結して保険を販売、手数料収入を得るというものです。

異なる会社の保険商品を比較して購入できるのが特徴ですが、「保険を販売することで収益を得る」という意味では、保険会社専属の営業員と同じ立場。相談する場合はその点をよく理解しておきましょう。

生命保険は、往々にして加入し過ぎる傾向が強いものです。ご本人が「高い」と感じているなら、なおさらです。相応の費用を負担してでも、完全にあなたの立場に立ってくれる第三者へ助言を求めることも、解決に向けた一つの手段だと思いますよ。

マイホームにかかるお金は、長い付き合いになりますので、これからでも遅過ぎることはありません。税のこと、金利のこと…と、理解しておきたいことは山ほどあります。引き続き、情報収集を続けていきましょう。

夫の職業上の経費についてですが、家計費とは別のカードで支払われてはいかがでしょうか。マイレージは、同一の顧客番号を登録しておけば問題ないと思います。さらに、精算までの全工程を夫に任せてしまったほうが、お互いにストレスなく過ごせるかもしれません。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

支出の管理と貯蓄ができず
家計をどう見直せば?

お楽しみに!