マイホーム取得を検討中 貯蓄が少なくても大丈夫?

Q.

夫の県外転勤から、今春、熊本に戻ってきました。私も仕事に就き、生活の基盤ができつつあるので、マイホームを考え始めたところです。

夫は職業柄、飲食代の支出が多く、お小遣いを月3万円と決めてはいるものの、大体2~3万円はオーバーします。毎月の積立とボーナスを合わせても年間120万円を貯めるのが精一杯。今の家計で持ち家は難しいでしょうか。

引っ越しの際、家具や車を購入したので貯蓄もほとんどありません。まずは頭金を貯(た)めたいのですが、年齢や消費税率アップを考えると、ゆっくりもしていられない気がします。


A.

住宅取得について、私は基本的に、いずれ購入するのであれば早いほうがいいと考えています。既に2500万円前後の返済に相当する家賃を負担しつつ、しっかり貯蓄もされています。持ち家が難しいことはないと思いますよ。

頭金については、必ずしも有利に働くとは限らないことを知っておいてください。ご存じの通り、世は空前の低金利。もしも、貯めている間に金利が上昇してしまったら、借入額を少々抑えることができたとしても、逆に月々の返済額が増えてしまう可能性も考えられます。また、実際に納めている税額にもよりますが、住宅ローン控除による所得税・住民税の軽減分を考えると、当初10年間で負担する実質的な利息額は、頭金を入れても入れなくても変わらないか、金利次第では「借りたほうが得」というケースさえあるのです。

さらに、住宅ローンには団体信用生命保険が付き、万一の場合の保障にもなります。住宅ローンは、さまざまな意味で非常に特殊な借入金だといえます。どんな家にしたいのか、予算規模はどの程度になるのか、情報収集するところから取り組み始めませんか。

夫のお小遣いは、常に追加が必要なのでしたら増額されてみては。代わりに「追加なし」として管理を任せてしまったほうが、お互いにプラスだと思います。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

「ちゃっかり! 家計学」

お楽しみに!