夫が自営業で家計は分担制 教育費や老後資金など不安が…

Q.

夫は自営業で、経営は厳しい状態です。夫には、車の維持費や子どもたちの保険料などを負担してもらっています。その他の生活費は私の担当で、収支表は私の管理分のみの金額です。

上の子の受験を目前に控え、進路によっては春から一気に教育費が増えます。その場合、どこから捻出したらいいのか…。

住居は親所有のため、現在は家賃なしで住まわせてもらっていますが、先々は火災保険や固定資産税、修繕費などを負担することになります。老後資金と併せて、どうやって準備していけばよいでしょうか。とにかく、何もかもが漠然と不安です。


A.

ご夫婦で費目による分担制を敷いておられるのですね。妻の収支だけだと、年間で「プラスマイナスゼロ」に限りなく近い状態。教育費が増えた場合、定期的な積み立てをやめれば捻出できないことはないのでしょうが、第2子のこともありますし、その方法は大学進学時までとっておきたいところ。今一度、ご夫婦で家計の全体像を把握し直しましょう。

自営業は、安定感に欠けるところがあるのは事実。ただ、サラリーマンと比べて、工夫次第でコントロールできる部分が多い点はメリットだと思います。小さな選択の違いは、思いのほか大きな差をもたらすもの。専門家による具体的支援の活用をお勧めします。

住居費の負担がないのはありがたいことですね。ただ、現在のお住まいは、いつか訪れる相続の際に、他の財産と併せて、相続人同士で分割すべき対象となります。そのときに、もめないで済むよう、親御さんには遺言書を用意しておいていただきたいものです。

老後資金については、蓄えと同時に「いかに収入を得続けるか」も重要。自営業はその点でも自由ですね。ぜひ一度、長期的な収支の変化をシミュレーションしてみましょう。いつからいつまで、どれぐらいの資金が必要かを把握して、収入額の目標値をシビアに設定するときだと思います。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

さとう ななみ

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

「ちゃっかり! 家計学」

お楽しみに!