第2子の出産控え、学資保険に悩む 効率よく貯められる方法を教えて

Q.

年明けに第2子が生まれます。上の子は学資保険に加入しましたが、学資保険は、今はあまり利回りが良くないと聞き、どうしようかと悩んでいます。

自分で月々積み立てていくなら、少しでも金利の高いネットバンクあたりがお得なのでしょうか。効率よく貯(た)められる方法を教えてください。

現在、公務員宿舎に住んでいるため、家賃は安く済んでいます。将来的にはマイホームを希望していますが、教育資金や老後資金などを含めて、今の家計のやりくりで実現できるものでしょうか。育児に一段落ついた頃には、私も働きたいと思っています。


A.

学資保険に限らず、あらゆる金融商品は、目的に対して「資金を準備する手段の一つ」に過ぎません。いくつもの選択肢がある中で、最も有効な手段を選択したいものですね。

今年4月、生命保険各社は積立金の運用利率を大幅に引き下げました。以前から十分に低金利でしたが、貯蓄型保険の利回りはさらに悪化。現在販売されているものの中には、満期まで積み立てても元本割れするものも散見されます。

低金利下においては、学資保険に限らず「保険で貯める」は見合わせたい選択肢です。理由は、“高コスト”と“固定金利”。保険商品の構造上、長期間のマイナス運用をこらえなければならないことは大前提。これを許容できるのであれば、投資信託など価格変動型の金融商品で積み立てたほうがよほどローリスクであると私は考えます。

検討したいのは、2018年からスタートする『つみたてNISA』。年40万円までの積立型少額投資に対する運用益を20年間非課税とする制度です。運用成果は自身で選択したファンド次第なので少々の勉強は必要ですが、取り組む価値は大いにあると思いますよ。

住宅購入も夢ではありません。社宅費が安い分、相場との差額を家賃のつもりで蓄えておけば、住宅ローン返済への家計の移行もスムーズです。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

さとう ななみ

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

太陽光発電を導入したい
貯蓄残高が心細くて…

お楽しみに!