夫婦お互いの保険の内容が不透明 整理して投資にも挑戦してみたい

Q.

夫は単身赴任中。親戚の空き家を借りているので家賃は1軒分で済んでいますが、二重生活の費用がかさみます。

相談は、生命保険のこと。夫婦それぞれ独身の頃から加入しており、どんな内容かはお互いに知りません。仕事上の付き合いもあり、深く考えることなく、払えるから払ってきたという感じ…。その金額が膨大になっていることに驚いています。

老後に漠然とした不安があり、投資にも興味を持っていますが、保険を整理しないことには始まらない気がします。どのように考え、何から始めたらよいか教えてください。

A.

育児休業中に家計の見直しに取り組んでいるとのこと。払えるからとはいえ、内容が分からないものに年間120万円近くを出費しているというのはとてもリスキーに見えます。

老後生活に向けた資産形成も視野に入れておられるので、ある程度の貯蓄性も備わった状況ではないかと推察します。ただ、真に最適な状態であるかどうかは、契約内容を個別かつ具体的に分析してみる必要があるでしょう。

生命保険で最も重要な役割は、稼ぎ手に万一のことがあった場合に、遺族の生活を支えることです。生活資金や子どもの教育資金など“必要となる資金”に対して、公的遺族年金や配偶者の収入、金融資産残高などといった“準備済みの資金”で不足する分を、補てんできるよう備えます。

貯蓄性を期待するものについては、保障とは切り分けて考えましょう。中途半端に兼用すると、保障と貯蓄の双方を非効率にしてしまいます。また、むやみに特約を付けるのも考えもの。ちょっとした支出への備えには、保険より貯蓄のほうが向いています。

具体的なアクションとしては、一人で悩まず専門家に相談を。何もかも保険で賄うよう誘導されてしまわないためにも、投資のことも分かる人にセカンドオピニオンを依頼するとよいですね。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

さとう ななみ

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

子へ1000万円貯金したい
正しい使い方教えて

お楽しみに!