住宅ローンの返済が月10万円に 貯蓄もできる家計管理の方法は?

Q.

マイホーム計画が進行中。来年初頭に引き渡しを受けたら、以降は月2万7000円の住宅手当が出なくなります。住宅ローンは月々のみ10万円の返済を予定。実質的に今の家賃の倍の負担で、家計が回っていくのか心配です。

夫婦とも旅行やオシャレが好きで、お金が余ったら好きに使ってしまう日々を過ごしてきました。育休に入って収入が減ったときも生活を変えられず、赤字にもかかわらず貯蓄を切り崩しながら旅行に行ったりもしました。

この先、子どもにもお金がかかると思います。貯蓄もできる家計管理の方法を教えてください。

A.

住宅手当分を差し引くと、実質的な家賃負担は5万円。ここから5万円も負担が増えると思うとプレッシャーは大きいですね。一方、現在の収支を見ると、取得済みの土地代金について既に月3万5000円の返済が始まっています。「住宅ローン10万円」にはこの分が含まれているそうなので、転居後の支出は現在と比べると月1万5000円の増額にとどまります。

住宅手当が止まる一方で、10年間は『住宅ローン減税』による所得税・住民税の優遇が受けられます。給与支給額そのものが変わらなければ、年間の差引手取り額は現在とほぼ同額程度となるでしょう。

そんな中、最も気になったのは生命保険です。少し前まで学資保険や個人年金保険を含め6万円強の支払いだったところ、「住宅取得にあたって充実を図った」のだとか。住宅ローンを組むと団体信用生命保険に加入することになり必要保障額が下がるので、通常は減額の方向で見直しを行うのですが…。教育資金や老後資金の貯(た)め方も含めて、第三者たる専門家に早めに相談しましょう。

家計管理は、将来を見据えた貯蓄分を含め、固定的に必要となる額を先に確保します。あとは「残りで生活」を守りさえすれば、何に使うも、全部使うもOK。日常生活費は週単位で考えると管理しやすいですよ。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

かさむ子どもの教育費…
老後資金の貯蓄が心配

お楽しみに!