3人の子どもの教育資金が心配 私が働く場合、収入はいくら必要?

Q.

児童手当やお祝い金、お年玉など、子どものために頂いたお金は全て貯蓄しています。学資保険は、3人とも18歳時に200万円ずつ受け取れる予定。保険料は、一人年に10万円です。3人とも大学に進学した場合でも、教育資金の準備はこれで大丈夫でしょうか。

3人目が1歳になる頃には私も働くつもりですが、夫の勤務上、家事・育児は全て私が担わなければなりません。また、専門職の資格はあるものの、どれだけ仕事に時間を割けるか予測がつきません。私の収入はどれくらいあれば、老後まで不安なく過ごせるでしょうか。

A.

毎月10万円の定期積立に、車両維持費の年払い分も抜かりなく準備。教育資金も、児童手当と学資保険だけで少なくとも一人400万円ずつは準備できる予定です。住居費が不要とはいえ、堅実を絵に描いたような家計管理です。

学生時代に親元を離れ、仕送りを受けていた経験が「貯(た)めておかねば」につながっているようです。校納金に加え生活費も…となると、重い負担になるのは確か。蓄えておけるに越したことはないですね。だからといって、大学4年間でかかる全額を入学前に持っておかねばならないわけではありません。現在、教育費と学資保険の保険料で年120万円を支出しており、ここも在学中の支出枠としてスライドできることを忘れないでください。

「どれくらいあれば不安なく…?」とのこと。そこは金額の問題だとお感じなのですね。もちろん、完全に無関係ではありませんが「不安な人は、いくらあっても不安」というのが、たくさんの不安に耳を傾けて来た私の経験値です。

計画性は大切です。しかし、あまりにも先のことまで数字に固めてしまわなくてもいいのでは。お仕事は、当面は育児を優先しながらできる範囲で。お子さんとご自身の成長に合わせて徐々にバランスを変えていくことは、この先どれだけでも可能なのですから。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

保険で貯蓄するも…
35年住宅ローンに不安

お楽しみに!