保障と資金準備のため加入した保険 更新を前にこれからすべきことは?

Q.

教育内容にこだわって無認可保育園に通わせています。2人分で9万円弱の保育料は重いですが、共働きで頑張っています。

夫には持病があり、以前入院・手術した際には加入していた生命保険で大変助かりました。その保険もあと4年で更新を迎えますが、それまでに知っておかなければならないことがあれば教えてください。

生命保険は万一の保障とは別に、教育資金と住宅ローンの繰り上げ返済資金を準備するために加入しているものが大部分です。

毎月赤字でボーナスから補てんしている生活です。やりくりの改善点のアドバイスをお願いします。

A.

保育料約9万円は大きいですね。一方で、子どもの命や情緒も丸ごと預かってくださる保育士さんに思いをはせると、高過ぎるとも言えず…。ここは踏ん張りどころですね。

毎月赤字とお悩みですが、収支を整理してみると、それも誤差程度の金額に見えます。車関係の経費や保険の年払い分、お子さんの祝い事など、年単位の支出が続いたことでそのように感じられたのかもしれませんね。支出の範囲を、月々の収入から賄う分とボーナスで支払う分に明確に線引きしておけばスッキリするのではないでしょうか。

次に、生命保険について。まず、ご夫婦の保障目的の契約は、住宅ローンに団体信用生命保険が付帯されていること、公的遺族年金の保障が手厚いことを踏まえて設計し直すことで、かなりのコストダウンが期待できそう。夫の病状によって選択肢に幅は出てきますが、4年後の更新を待たずとも何らかの手を打つことは可能なはずです。

貯蓄目的の保険については、個別契約ごとに詳細を確認して対応を検討したいところです。決まった額を確実に蓄えに回せる点は保険の強みですが、決して小さくはない保障コストと低い予定利率を考えると、効率が良いとは言えません。保障と貯蓄方法の見直しで、赤字状態はアッサリ解消すると思います。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

さとう ななみ

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

今後の教育費が不安
蓄えのためiDeCo検討中

お楽しみに!