月によって妻の収入が大きく変動 貯蓄を増やすためにできることは?

Q.

パートを2つ掛け持ちしています。年収は130万円未満ですが、収入が多かった月で判定され、夫の扶養に入れませんでした。年金・国保の負担が重く、パートを1つ辞めるべきか悩んでいます。本当はどちらの仕事もやりがいがあり、辞めたくありません。

毎月4万円を貯蓄用の口座に入金していますが、月によって私の収入が大幅に変動するため、生活費が不足して引き出すことも。貯蓄を増やすにはどうしたらよいでしょうか。

元々はフルタイムでしたが、育児のためパート勤務に切り替えました。子どもたちが小学校に上がったら正社員として働きたいです。

A.

お仕事は専門職でいらっしゃるのですね。今は育児を優先しつつ、時が来たら再びフルタイムで活躍したいとのご希望。「どちらも辞めたくない」というお気持ちに、迷うことなく従っていただきたいと思います。それにしても妻の年収108万円から26万円の社会保険料負担は重いですね。再び申請し直すことはできないものでしょうか。

食費や水道光熱費など、基本の生活費はシンプルにやりくりする一方、生命保険に年100万円も費やしておられることが非常に気になります。内訳としては、教育資金の積み立て目的で加入した終身保険など貯蓄型のものも多いようですが、加入時期を考えると決して効率が良い貯蓄であるとは言えないようです。

万が一の場合は住宅ローンの返済が不要になること、遺族年金や高額療養費、傷病手当金など社会保険の給付が充実していることから、保障についてはごく少額の準備で間に合うでしょう。公務員が加入できる共済制度はかなり充実しており、こちらを活用すれば月数千円の支出で十分な保障が得られるはずです。

保障と貯蓄は完全に切り分け、資産形成は積立投資や財形貯蓄など、目的別にもっとふさわしい方法に切り替えませんか。そうすることで、安心感・納得感も増した上に、より効率的な蓄えがかなうと思います。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

固定資産税の支払いが発生
奨学金は一括返済すべき?

お楽しみに!