夫の転職で収入が激減 手元にお金が残らず不安…

Q.

将来、自分のお店を持つのが夫の夢です。そのため昨年、修業のために転職したところ収入が激減。個人経営のお店で、住民税や健康保険なども自分で納める形となり、手元に残る金額では心もとないです。

第2子が生まれたばかりで私は産休中です。ボーナスは冬まで出ましたので、手当が出るまではそれで乗り切るしかありません。実家住まいでギリギリ生活できていますが、手元にお金が残らず頭を抱えています。

夫の開業資金のため、また実家から独立するためにも少しでも貯金したいのですが、正直、職場復帰後2人を育てながらのフルタイムに自信がありません。

A.

国民健康保険料と住民税は昨年度の金額ですね。ここは、前年度所得に基づいて計算されるところ。今年度分は、半額程度にまで引き下がるのではないでしょうか。産休中という特殊事情の最中ですから、思い通りに貯蓄できないことを気に病む必要はないと思います。

ただ、「ギリギリ生活できている」という状況下で、この生命保険料は果たして妥当なのかどうか…。内訳は、家族の保障に1万6500円、子どもの教育資金作りに1万6000円、夫婦の個人年金に各7000円だそうですが、このうち最も優先度が低いのが個人年金です。老後の準備も大切ですが、もっとずっと手前で乗り越えなければならない課題がいくつもあるのではないでしょうか。

そして、長期の資産形成の手段としては、今どき保険商品が最適とはいえません。最優先である家族の保障についても、必要保障額を精査することで保険料はまだまだ抑えられるはず。保険料のような高額の固定費の見直しは、日常生活に一切の我慢を必要とせずに大きな節約を可能にします。早急に見直されますようお勧めします。

一足飛びに…とはいきませんが、状況は必ず変わります。今が一番の踏ん張り時ですから、何より今を大切に、今に集中して過ごしましょう。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

来春なくなる夫の単身赴任手当
住宅に教育にお金がかかるのに…

お楽しみに!