毎月約10万円の赤字を賞与で補てん 住宅購入に向け、どう改善すれば?

Q.

支出が収入を上回り、毎月10万円程度をボーナスで穴埋めする生活です。さらに出費がかさむ月は、財形を切り崩すこともあります。

このような状況ながら、マイホームの新築を計画中です。土地あり、35年ローンで月々の返済額を現在の家賃程度に抑えたいと考えています。

新築後は、月2万7000円の住宅手当が支給されません。また、維持管理費を考えるともう少し予算を抑えるべきか迷います。

これを機に、支出の見直しや預貯金の運用なども考えたいと思っています。改善点についてアドバイスをお願いします。

A.

「毎月赤字10万円」の原因として、“やみくもな貯蓄”が挙げられそうです。積み立てては取り崩す循環は、「貯蓄せねば」と「常時赤字」の二重のプレッシャーとなっているのではありませんか。年単位では黒字であるにもかかわらず健全とは言い難いですね。

貯蓄計画にあたっては、「家計からいくらを積み立てに回すか」という視点に偏っている人が少なくないように感じます。本来の目的である「いつ、何のためにいくら準備したいのか」を忘れ「積み立てる」という行動そのものが目的化してしまうと、非効率な選択や不要な我慢につながりがちです。真に見るべきは「目的が達成できるかどうか」ですよね。「運用益を含めた〇年後の資産残高」という視点で計画を練り直す必要があると思います。

住宅取得による収支の変化は、住宅ローン返済や固定資産税、住宅手当の減額といった負担の増加だけではありません。住宅ローン減税もあれば、団体信用生命保険加入を機に生命保険料を減額できる可能性も大。太陽光発電を検討中とのことで、光熱費も軽減が期待できそうですね。

現在の家計から足し引きするのではなく、全体をゼロから組み立て直して新しいバランスを作るのが成功の近道。プロのサポートを受けるのが、最も安上がりだと思います。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・指名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

ちゃっかり! 家計学

お楽しみに!