3500万円のマイホーム購入を検討中 今の収支で計画しても大丈夫?

Q.

現在、育児休業中。子どもが生まれたのを機にマイホーム購入を検討しており、土地・建物と諸費用込みで3500万円の見積もりをもらっています。

収支表はフル勤務時のもので、この金額なら無理はないかなと思う半面、職場復帰後は保育料が発生しますし、以前と同じように働けるかどうか不安です。万が一、パート勤務に変えた場合なども考えて、あと100万円ぐらいは予算が下がるよう仕様を見直したいと考えています。

昨年、2台同時に残価設定クレジットで購入した車の支払いがあと4年あります。教育や老後のための積立も考えているところです。

A.

まずは住宅の予算について。お気持ちは理解しますが、100万円を削ったところで月々の住宅ローンの返済は3000円にも満たない額しか下がらないのが現実です。これは、3500万円前後の借り入れなら金利差0.2%で吹き飛んでしまう程度のもの。住宅品質100万円分と比較すると誤差でしかないように思います。また金額的に、働き方が変わった場合の収入減に対する不安が解消できるとも思えません。仕様を落とす前に、他に目を向けた方が建設的と思われます。

収支表の金額を計算すると、年間約280万円の黒字です。実際にそうであれば、これから発生する住宅ローンや保育料の支払いも特に問題ないでしょう。しかしながら、年間貯蓄額は「そこまでは増えない」とのこと。残っていないのであれば何かしらに使っているということですね。これを機に、使途不明金を洗い出し、実際の収支を把握するところから始めましょう。

同時に、住宅ローンや保育料、車の残価対策、教育・老後資金の準備までを織り込んだ新たな予算配分を組み立て直しましょう。団体信用生命保険の付帯を踏まえた保険の見直しもお忘れなく。優先順位の高いものから予算を確保、日常生活は「残りで暮らす」を守っていれば、家計は無事に回っていくものです。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

ななみ先生に家計相談したい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支用(紙面参照)と住所・氏名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計相談」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

貯金がほとんどない状態…
老後資金はどうすれば?

お楽しみに!