今回答えてくれるのは 佐藤ななみさん

子どもの教育資金をためたい 家計や貯蓄方法のアドバイスを !

Q.

第1子を出産し、産後休暇中です。子どもは2人希望しており、それぞれ大学進学資金として18歳までに300万~500万円ずつためてあげたいです。そのために、家計のどこを見直せばいいでしょうか。

また、貯蓄方法についても学資保険、つみたてNISA、定期預金などいくつかあると思いますが、どれを選択すればいいでしょうか。加えて、子どもの医療保険にも入っておいた方がいいのか悩んでいます。

数年のうちにはマイホームも考えたいですが、頭金も準備しなければなりません。職場復帰後は、月収17万円、ボーナス70万円ほどになります。

A.

収支表には、児童手当がまだ計上されていないようです。「1人300万~500万円」という貯蓄目標額のうち約200万円は、この児童手当を残しておけばクリアできますね。あとの資金をどうするかについては、運用手段によってかなりの差が出そうです。

まず預金や学資保険で積み立てる場合、利息相当額は元金の数%程度で無視していい金額です。となると目標額まで100万~300万円ですから、これを18年間で積み立てるなら、100万円当たり、月5000円を捻出すれば届きます。

つみたてNISAを活用する場合、4%で運用できれば、児童手当分だけで300万円をクリアできる計算です。残り100万~200万円分は、同じく4%の運用なら100万円当たり、月3200円追加を。期待収益率を下げて3%なら、児童手当分に、月8000円追加すれば18歳までに500万円準備できます。教育資金のような長期の資金は「いくら捻出するか?」の前に「どのように育てるか?」を考えてください。

マイホームの頭金は必須ではありません。資金の他に先延ばしする理由がなければ、早めに取り掛かられてはいかがでしょう。現在の家賃は、約2500万円分の住宅ローン返済額に相当します。最後に、お子さんの医療費は保険がなくても捻出できると思います。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に『佐藤ななみのおかねの教室』を主宰。家計・住宅・保険・資産運用の講座や相談業務を展開中。書類整理やフリーランス向けワークショップも人気。
https://kakei773.com

相談者募集!

家計簿チェックをしてほしい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支表(紙面参照)と住所・氏名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計簿チェック」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

あまり貯蓄ができておらず…
教育費や住宅取得費は大丈夫?

お楽しみに!