収納力も抜群!
明るく木の温もりにあふれた
快適な平屋の住まい

ことし2月に完成したばかりのMさん邸。木のぬくもりがあふれる平屋の住まいです。

Mさん一家のお気に入りは家族が集まるリビング。「日当たりの良い明るい家にしたい」というMさんの希望をかなえた、自然の柔らかな光が差し込む空間です。「住みはじめてリビングで家族一緒に、お茶や会話を楽しむ時間が増えましたね。日中は日差しが心地良く、思わずうたた寝してしまうことも多いんですよ」とMさんは話します。また、家財道具などがたくさんあるのに、片付けが苦手なことが悩みだったとか。そのため、リビングに造作の収納棚をつくってもらったり、LDK横に広々としたウオークインクローゼットを配置してもらったりしたそうです。さらに、ウオークインクローゼットは階段で屋根裏部屋とつながっていて、そこから屋根裏部屋に荷物を運び込めるようになっています。「家族3人分の洋服なども十分に収納できて満足しています。屋根裏部屋は6畳もの広さがあるので、書斎や趣味の部屋にも使えるねって家族と話し合っています(笑)」とMさん。その他、子どもが泥だらけの服で帰ってもお風呂に直行できるよう脱衣所に外から入れる入り口を設けるなど、ライフスタイルに合わせた間取りが考えられています。


家族が集うLDKは明るく開放的な雰囲気

リビングにある大きな梁が印象的

主寝室や子ども部屋にも大容量の収納を確保

収納の扉は3枚引き戸でより広く開けることができます

家族共有のウオークインクローゼット。屋根裏に続く階段があります

約6畳の屋根裏部屋。採光用の窓も設置


そんなMさん邸を手掛けたのは『出田建築工房』。同社では、代表の出田宏行さんが最初の打ち合わせから設計、引き渡しまでを1人で担当してくれます。Mさんは「何か疑問に思うことがあっても出田さんにすぐ聞くことができたのがよかったです」と話します。

温もりある木の家を数多く手掛けてきた同社。「私が建てる住まいには県産材を中心に使用しています。熊本の家には、同じ気候や風土で育った県産材が最も合っていると考えているからです」と出田さん。家族が安心して心地よく暮らすために、地震に強く安全であることはもちろん、高気密・高断熱により、夏は涼しく、冬は暖かい快適性も追求しています。


玄関も木をふんだんに使い、やさしい雰囲気に

軒天井にも木を使うなど、細部にわたるこだわりが見えます


“家づくりのプロフェッショナル”として

建築の世界に入って27年間。打ち合わせから設計、現場監理まで、建築に携わる全ての業務をこなしてきました。これからも“家づくりのプロフェッショナル”として、みなさんが思い描く家づくりのお手伝いをしたいと思っていますので、何でも気軽にご相談ください。

代表の出田宏行さん

もっと詳しくみる

お問い合わせ

出田建築工房

住所
上益城郡益城町広崎1358-10
TEL
096-286-0566 (繋がらない場合は090-4586-5079まで)
Web
http://ideta-kenchiku.jp/
ameblo
https://ameblo.jp/hiro1217rksn/
Facebook
https://www.facebook.com/people/出田宏行/100003546014320