守りたいのは“家族”
次世代まで長く
安心して暮らせる家を

平成28年の熊本地震以降、熊本県内では住宅の耐震性に対する意識が高まっています。住宅の構造・工法がさまざまある中で、大切な家族を守るために地震に強い工法の一つとして知られているのが「パナソニック テクノストラクチャー工法」です。そこで、同工法での家づくりを推進している『大海建設』に、その性能や特長、施工例などについて聞きました。

「あなたの夢の実現が私たちの仕事です」をコンセプトに、完全注文住宅を手掛けている同社。リビングにホームシアターを設けたり、吹き抜けの渡り廊下をスケルトンにしたり、暖炉を取り付けたり、みんなで使えるフリースペースをつくったりと、家族の暮らしを充実させるバリエーションも豊富です。過去に手掛けた住宅も、カジュアルから和風までスタイルは多彩。


バイク用のインナーガレージのある家(施工例)

開放的な空間演出ができるのも、強い構造のおかげ(施工例)


間取りやレイアウトの自由度が高く、大きな空間や開口部を造ることができるのは、「テクノストラクチャー工法」だからこそだとか。「テクノストラクチャー工法」とは、住宅の要となる梁(はり)と接合部に木と鉄を組み合わせた「テクノビーム」とオリジナルの金具を使用し、木造住宅の弱点を強化した工法。1棟ごとに構造計算した上で、耐震等級3を取得するなど、確かな安全性が確保されています。同社では従来、「テクノストラクチャー工法」と在来工法を併用していたそうですが、熊本地震を機に「テクノストラクチャー工法」に一本化しました。「地震後の被害状況を調査した結果、この工法だったら間違いないと確信しました」と同社。耐震性だけでなく、断熱・気密性、耐久性にも優れているので、安心して暮らすことができます。

「家族で過ごす時間を大切にした家づくりを心掛けています」と同社。ライフスタイルを重視し、長く幸せに住める家を、専門家としてしっかりサポート&アドバイスしてくれますよ。


白い天井・壁と、ダークブラウンの木調がコントラスト抜群(施工例)

琉球畳の和室。引き違い扉は全て収納可(施工例)


末永く安心して住める家を

弊社では『テクノストラクチャー』工法による家づくりに取り組んでいます。パナソニックビルダーズグループのテクノストラクチャー「非戸建部門(介護施設)」で、4年連続全国1位を獲得しました。ご家族が末永く安心して住める家づくりをサポートしていますので、二人三脚で夢のマイホームを実現してみませんか。まずはご相談を。

木と鉄を組み合わせた「テクノビーム」

もっと詳しくみる

お問い合わせ

大海建設

住所
熊本市南区城南町藤山3297-8
TEL
0964-28-0095 (受付10時~17時・水曜休)
Web
http://www.taikai-kensetsu.co.jp/pc/index.html