安全、安心と快適性と両立
“要”の構造もばっちり確認
建てる前にじっくり検討

夢のマイホームの“要”ともいえるのが構造。大切な家族の安全や健康にも大きく関わります。家が完成したら隠れてしまうからこそ、建てる前にじっくり検討して選びたいものですね。独自の構造や工法で、より安心、安全な家づくりを進めている住宅会社が『東宝ホーム』です。

「熊日RKK住宅展」内にある『東宝ホーム』のモデルハウス「LEGARE(レガーレ)」では、こだわりの構造や工法をすべて公開しています。屋根裏スペースの隣に足場が設けられていて、むき出しになった骨組み部分を間近で見学可能。スタッフの説明を聞きながら構造を見ると、その優れた性能がより実感できます。
普段見ることのできない部分をじっくり見学できるので、「細かい部分まで納得した上で家づくりに取り組める」と構造などに興味のある男性にも好評です。


スタイリッシュで温かみを感じさせるキッチン

和モダンな雰囲気の和室は存在感抜群です


柱材や梁(はり)には、経年変化に耐える強度を備えたJAS規格の完全乾燥材「JWOOD」を使用。未乾燥の無垢材は時がたつと割れや反りが生じやすいのに対し、「JWOOD」は乾燥収縮せず、寸法精度が変化しないため、室内の快適さを末永く保つそうです。

さらに、「JWOOD」の特性を最大限に生かした専用の金物で接合する「JK工法(緊結金物工法)」を採用することで、強度が飛躍的にアップ。優れた耐震性・耐久性を可能にしています。


一般的な部材(右)は経年により割れや反りが生じやすいのに対し、完全乾燥材「JWOOD」(左)は収縮しないのが特長

ミニサイズの断面も公開。家の構造や仕組みがひと目で理解できます


また、1年を通して室内温度が快適に保たれているのも特長。空気と地熱を活用した独自の外周壁内通気工法「ハイブリッド・エア・コントロール」で外気熱を断熱して空気の流れを作ることで、夏は優れた排湿効果で湿気、蒸れを壁や室内に残さず、冬は壁の中を暖気が循環します。この「ハイブリッド・エア・コントロール」に、屋根断熱、壁・外張り断熱、基礎断熱を組み合わせることで、外部気温の影響を受けにくく、どの部屋へ行っても温度差が少ない快適な住まいを実現。ヒートショックを予防できるだけでなく、光熱費の大幅な削減も期待できそうです。

「冬は室温を逃さず、まるで魔法瓶のように暖かい空気で全館を包み込みます」と熊本東店店長の山中伸悟さん


宿泊体験で室内の快適さを体感しませんか

独自の外周壁内通気工法と外断熱によるZEH(ネット ゼロ エネルギー ハウス)の家づくりに取り組んでいます。熊本市中央区出水にあるモデルハウス「シーズンテラス出水」では、宿泊体験も可能です(予約制)。料理を作ったり、お風呂に入ったりと実際の暮らしを体験していただく中で、室内の心地よさを感じてみてください。

「熊日RKK住宅展」内にあるモデルハウス「LEGARE」

もっと詳しくみる

お問い合わせ

宝ホーム株式会社 熊本営業所

住所
熊本市中央区白山1-2-7
TEL
096-373-1040 (受付時間9:00〜18:00、火・水曜休)
Web
http://tohohome.jp/
お問い合わせ

〔モデルハウス「LEGARE」〕

住所
熊本市東区御領6-8-1「熊日RKK住宅展」内
TEL
096-388-1140
営業時間
10:00〜18:00
休業日
火・水曜