好きなものに囲まれた暮らし
年々風合いが増す家で
家族それぞれが快適に楽しく

「大好きな家具や雑貨に囲まれて暮らしたい」「いいものを長く使い続けたい」―。家族それぞれの“自分らしさ”を生活空間にちりばめられたら、家で過ごす時間が心地よく、待ち遠しいものになりそうです。

3月にオープンしたばかりの合志市のKKT住宅総合展示場アンビーハウジングパーク内にある『イワイホーム』の家は、黒の外観に白のラインが映えるエッジの効いたデザインが目を引きます。コンセプトは「自分らしさ オンリーワンの家」。家族みんなの好きなものを詰め込む場所だから、家の中はすっきりシンプル。珪藻土を使った壁、天然木の床など上質な自然素材はどんなインテリアともなじみ、年がたつほどに風合いを増していきます。


家族それぞれが好みの椅子を置いたダイニングテーブル。どんなインテリアにもなじみます

家族それぞれが好みの椅子を置いたダイニングテーブル。どんなインテリアにもなじみます

大きな窓から光が差し込む明るいリビング。壁の奥にはカウンターがあるスペースが

大きな窓から光が差し込む明るいリビング。壁の奥にはカウンターがあるスペースが


広々としたLDKを見渡すと、ダイニングテーブルの周りには、色や形、デザインがまったく違う椅子が置かれています。家族がそれぞれに好みのものを選んで置いても違和感がありません。また、リビングの一角にあるシックな壁の向こうにはカウンターが…。子どもが家族の気配を感じつつも集中して勉強できるほか、ご主人の書斎スペースとしても使えそうな“隠れ家”的スペースです。


壁の奥の一角。勉強スペースや書斎としても活用できそう

壁の奥の一角。勉強スペースや書斎としても活用できそう

脱衣所、浴室の手前にあるユーティリティースペースはおしゃれな雰囲気

脱衣所、浴室の手前にあるユーティリティースペースはおしゃれな雰囲気


注目したいのが、効率よく家事をこなすためのユーティリティースペース。トイレから、脱衣所、浴室へと続くスペースには、洗面台や洗-濯機のほか、洗濯物を畳んだりアイロンをかけたりできる長いカウンターがあり、直線的な動線で無駄なく家事ができます。タイル張りの床で生活感が出ないのも、おしゃれに暮らしたい夫婦にぴったりです。また、LDKと和室がひと続きになっている間取りが多い中で、この家は玄関を入って左にLDK、右に和室と別々に配置。将来、高齢になった親と同居することになった場合、親世代は和室を、夫婦と子どもは2階をプライベートの場所として使えば、お互いのプライバシーを守ることができます。

今の暮らしを存分に楽しみながら、将来のことにも思いをはせる。そんな家づくりをかなえてくれそうです。


ベッドの奥には両側から入れるウオークインクローゼットがあります

ベッドの奥には両側から入れるウオークインクローゼットがあります

独立した1階和室は、静かでプライバシーも守られます

独立した1階和室は、静かでプライバシーも守られます

階段を上がるとホールが。2階リビングとして家族が集う場所に

階段を上がるとホールが。2階リビングとして家族が集う場所に


家族の健康を考えた住まい

同社の「通気断熱WB工法」は壁の中を空気が流れるため、湿気や熱気がこもらず、生活臭やシックハウス症候群の原因となる有害な化学物質も湿気と共に壁を通って屋外に排出します。通気口は電気を使わず、気温の変化に反応して自動で開閉。気密性と断熱性が保たれることで夏は涼しく、冬は暖かい家を実現しました。モデルルームではWB工法を体験できます。

もっと詳しくみる

お問い合わせ

イワイホーム

住所
熊本市中央区帯山5丁目8-19-2階
TEL
096-385-0110 (代)
FAX
096-385-0189
Web
http://www.iwaihome.jp/
KKT合志総合住宅展示場
合志市竹迫字桜山2286