自宅兼賃貸の賃貸併用住宅や
完全に独立した二世帯住宅にもなる
“家族を守る宝箱”を提案

老後の生活資金に不安を抱く人は少なくありません。近年、賃貸住宅を建て、老後の備えとしてアパート経営をする人も増えているとか。そこで今回、戸建の賃貸住宅を提案する『ランドハウジング』の取締役社長の有髙祐二さんに話を聞きました。

同社では平成29年10月、戸建賃貸住宅「éCrin(エクラン)」の販売を開始。“エクラン”とは、フランス語で宝箱のこと。「家族はかけがえのない宝物です。大切な家族を守る家を宝箱に例えました」と有髙さん。

戸建賃貸住宅の販売に踏み切った背景には、老後の不安を軽減できればという有髙さんの思いがあります。戸建の賃貸は入居率が比較的高く、長期入居のケースが多いので、安定した賃料が見込めるそうです。また、自宅と賃貸住宅を兼ねた「賃貸併用住宅」であれば、暮らしながら家賃収入を得ることが期待できます。1つは3LDK、1つは4LDKなど間取りも自由自在に変更可能です。


熊本市南区に立つ戸建賃貸住宅「éCrin(エクラン)」

天然木を思わせる玄関ドアやレンガ風の外壁が温かい雰囲気を醸し出します


実際に「éCrin(エクラン)」を拝見すると、外観は木のぬくもりを感じるシンプルでスタイリッシュな雰囲気。1棟に2階建ての独立した建物が2つつながっている感じです。1階はリビングとキッチンに、洗面所、バスユニット、トイレなどを備えています。2階は収納力抜群のクローゼットが付いた居室が3部屋。さらに、多目的に使えるウッドデッキとバルコニーも設置されています。


1階にはリビングとキッチン、洗面所、風呂、トイレを完備

目隠し付きのウッドデッキ。2階にはバルコニーも


基本仕様は、賃貸住宅として最も需要の高い3LDK。価格は1戸1000万円(諸経費・税別)とローコスト。一般的な賃貸アパートに比べて充実した設備・仕様も見逃せません。一般的な複層ガラスの約2倍も断熱効果を発揮する「Low-E複層ガラス」を標準装備。親水コートが施工された外壁材は、雨で汚れを浮かせて流すため手間をかけずに美しい外観を保つことができます。おまけに耐火性能・断熱性能ともに優れ、地震にも強いのが特長です。ほかにもシステムキッチン・システムバスに、タカラスタンダートの高品位ホーロー製品を採用するなど、入居者の高い満足度が期待できる仕様になっていました。


タッチセンサー水栓が付いたタカラスタンダードのシステムキッチンを装備

2階には収納が充実した3つの居室があります


誠実さと責任を持って対応します

家を建てることは、お客様にとって一生に一度の大切なお買い物。だからこそ弊社では、お客様との信頼関係を大切にし、誠心誠意お手伝いさせていただきます。注文住宅の設計・施工から、外構工事、リフォーム、不動産に至るまで、家づくりに関することなら何でも気軽にご相談ください。

取締役社長の有髙祐二さん

もっと詳しくみる

お問い合わせ

ランドハウジング

住所
合志市須屋1927-1 有高ビル101
TEL
0120-967-927 (受付時間9:00〜18:00、水曜休)
Web
http://land-housing.com