MENU

イベント情報

切らない「たるみ・ほうれい線」治療 糸や注射で改善、すぐ日常生活に【メディカル百科】

共立美容外科 熊本院 院長 島田 茂孝氏
共立美容外科 熊本院
院長 島田 茂孝氏

目次

美容外科編

手術をせずに治療をすることで、心身への負担が軽減でき、日常生活にもすぐに戻ることができるという“切らない治療”。「たるみ」「ほうれい線」など見た目の悩みに有効だそうです。専門医に詳しく聞きました。

─頰のたるみ、ほうれい線はどのように切らずに改善しますか。

頰のたるみには、たるんだ組織を引き上げる糸リフトが有効です。糸リフトには1年半経過してから吸収される糸を使い、皮膚の内側からたるみを引き上げます。糸は吸収された後もコラーゲンに置き換わり、たるみを引き上げ続けるため吸収された後も効果が続きます。ほうれい線に対してはヒアルロン酸を注射してくぼみを持ち上げて改善します。

─目元のたるみにも有効ですか。

はい、上まぶたのたるみは糸を使う埋没法で二重のラインを引き上げます。上まぶたが持ち上がると視野が広くなり、見た目の印象も大きく変化し、若々しい印象になります。下まぶたにはヒアルロン酸を注射してたるみを改善します。いずれも翌日からお化粧をすることも可能です。

─最後に“切らない治療”のメリットについて教えてください。

最大のメリットは、メスを使わないため、体の回復期間が短くて済むという点です。また傷痕も残りにくく、入院の必要もありません。そのため周囲に知られにくく、日常生活にもすぐに戻ることができるなどの精神的利点もあるため、多くの患者さんに選ばれています。さまざまな治療法がある中、“切らない治療”は、主流と言えるでしょう。見た目の悩みがあると人目が気になり、外出を避けてしまうなど日常生活に支障を来すケースもあるようです。まずはカウンセリングを受け、自分に合った治療法を選びましょう。詳しくは専門医にご相談ください。

共立美容外科 熊本院

住所熊本市中央区水道町5‐21 コスギ不動産水道町ビル5F
TEL096-323-8021
ホームページhttps://www.ku-kyoritsu.com/
診療時間10時~19時(完全予約制・土・日曜、祝日も平常診察)
休診日年中無休
フリーダイヤル0120・177・340

記事内の情報は掲載当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。

共立美容外科 熊本院 院長 島田 茂孝氏

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

熊本市を中心に31万部戸別配布のフリーペーパー「くまにち すぱいす」がお届けする、熊本の暮らしに役立つ生活情報サイトです。

目次