できたての「アサヒスーパードライ」が味わえる工場見学

汗ばむ季節にピッタリのビール。今回は、“さしよりビール”派の私がアサヒビール博多工場(福岡市)の見学ツアーに参加し、そのおいしさの秘密を調べてきましたよ。(すぱいし~ず・彩)

場所は、JR博多駅から一駅のJR竹下駅そば。この日は、海外からの旅行者も多く訪れていました。ここには年間17万人以上が訪れ、約半数を外国人が占めるそうです。

まず、ビールを作る工程などをビデオで見た後、原料に関する展示を見学。主原料である大麦とホップの実物にも触れ、ホップからはハーブのような強い香りがしました。これが、ビール特有の香り・苦みのもとだそうです。

通路を進むと、いよいよ工場内部に。熟成したビールをろ過する「ろ過室」には、巨大なタンクがズラリ。
ビールを高速で缶やびんに詰める「パッケージング工程」では、缶ビールを1分間に、なんと1500本も製造しているそう(土・日曜、祝日を除く)。
大きな機械が動いていると、大人の私でもワクワクします。

苦みを出して、泡立ちを良くするホップ

大量の缶ビールが運ばれていく様子

初体験のできたてビールにご満悦の私。見学中は、喉が渇いて仕方ありませんでした(笑)

今春から、泡持ちとキレがさらに向上した「アサヒスーパードライ」。工場で飲むとまた格別!

最後は、できたてビールの試飲タイム。この日は4種類から選べ、私は泡が新しくなった「アサヒスーパードライ」を選択。
一口飲むと、泡のクリーミーさにびっくり! きめ細かな泡とキレのある味わいが最高でした。
また、100年以上の歴史を持つ「アサヒ生ビール」も試飲(現在は終了)。しっかりとした苦みやコクが印象的でした。飲食店限定の銘柄ですが、先月から期間限定で一般販売されています。もちろん、ソフトドリンクも用意されていますよ。

見学は無料。ちょっと足を延ばして出かけてみませんか。

お問い合わせ

アサヒビール博多工場

住所
福岡県福岡市博多区竹下3‐1‐1
TEL
092-431-2701
営業時間
9時~17時
見学受け付け
9時30分~15時