五ヶ瀬産のブドウを100%使ったワインがそろう『五ヶ瀬ワイナリー』に、新商品の白ワイン「緑」が登場しました。甘口で飲みやすい同ワイナリーの代表銘柄「ナイアガラ」と同じブドウを使い、キレ味のよい辛口ワインに仕上げています。辛口なので、食事と合わせやすくなりました。

新商品の辛口白ワイン「緑」

新商品の辛口白ワイン「緑」

また、「日本で飲もう最高のワイン2019」で、「ナイアガラ」が愛好家部門のゴールド賞と専門家部門のシルバー賞、「夕陽」が愛好家部門のシルバー賞を受賞しました。受賞ワインはホームページのオンラインショップから購入できます。

レストラン「雲の上のぶどう」

【料金】
大人:1480円(70歳以上は1280円)
小学生:800円
幼児:400円
3歳以下:無料
※ソフトドリンク飲み放題、アルコールは別料金

「日本で飲もう最高のワイン2019」の受賞ワイン「ナイアガラ」と「夕陽」。詳しくはホームページのオンラインショップで

併設のビュッフェ式レストラン「雲の上のぶどう」には季節のメニューが用意され、ワイン館では生食用ブドウの販売が始まる予定です(天候や生育次第で販売できない場合あり)。ナイアガラやキャンベルアーリー、ブラックオリンピアなど五ヶ瀬ワインの原料となる品種で、食べ・飲み比べもおすすめ。秋の行楽は、阿蘇五岳を一望できる丘に建つ、同ワイナリーへ。