12月11日(水)・12日(木)、びぷれす広場で「玉名・南関観光物産フェア」開催

上通アーケード入り口のびぷれす広場で、12月11日(水)・12日(木)の両日10時~18時(12日(木)は~17時)、「玉名・南関観光物産フェア」が開催されます。玉名市と南関町合同の物産展は今回で3回目。

会場には玉名市、南関町自慢の農産物や加工品などの販売ブースが並びます。取れたての野菜や旬の果物のほか、地元の食材を使った漬物やまんじゅう、総菜、くるみのタルトといったスイーツなど、特産品が勢ぞろい。目当ての商品がある方は、早めの来場がおすすめですよ。

また、観光PRブースでは、玉名市と南関町のイベントや温泉、宿泊施設、食べ物、人気スポットなどを紹介しています。

【玉名市】

真あさり(佃の匠)、高瀬飴(野田飴老舗)、長者饅頭(菊水堂)、甘酒まんじゅう(まんじゅう乃池田堂)、くるみのタルト(霜上製菓)、天然椿油(東製油)、漬あみ(濱﨑海産)、青果物(ふるさとセンターY・BOX)、天然はちみつ(大久保養蜂場)、観光PR(玉名市役所)など

【南関町】

米、野菜、ミカン(西田ファーム)、野菜、弁当、総菜(もやいの郷)、小龍包、いきなり団子、焼きアーモンド(しずく屋)、観光PR(南関町役場)など

来場者でにぎわう会場(写真は昨年の様子)