【425号】今年の夏のお出かけは旧学校へ行こう。

少子高齢化が進む各地で廃校・休校が相次ぐ中、地域の思い出が詰まった校舎を残そうと、宿泊施設やカフェとしての利活用が進められています。今年の夏休みは、子どもはもちろん、大人も童心に帰って楽しめる「旧学校」へ出かけてみませんか。


大人も子どもも大満喫!今年の夏は学校でタイムトリップ!

なみの高原自然学校「阿蘇なみの高原 やすらぎ交流館」

阿蘇の魅力を体感できる充実のプログラム

標高約700mの高原地帯にある同館は、1873(明治6)年創立、1999(平成11)年に閉校した旧小池野(しょうちの)小学校を活用。宿泊可能な体験交流施設です。校舎前には青い芝生の運動場が広がり、炭焼き窯などが点在。野外活動、ものづくり体験、自然体験、食育体験、地域の生業体験など、約30種の多様なコースが用意され、日帰りのプログラムも多数。涼しい風が吹く高原で、親子で夏を楽しみましょう!

阿蘇なみの高原 やすらぎ交流館 おすすめポイント

おいしく学べる 充実の食育体験

波野特産のそば粉を用いたそば打ちやガレット作りのほか、地元の高原野菜をたっぷり使った手作りピザやだご汁作りなど、食育体験メニューも豊富。

そば打ち

波野高原特産の風味良いそば粉でそば打ちに挑戦してみましょう! 所要時間は約90分、2人~受け付け可、料金は5人以上の場合、1人1500円

ガレット作り

そば粉で作るクレープ“ガレット”。地元特産のキャベツやトマトをくるんで食べましょう。所要時間約90分、2人~受け付け可、料金は5人以上の場合、1人1500円

阿蘇なみの高原 やすらぎ交流館 おすすめポイント

阿蘇を感じる 大自然満喫コース

豊かな自然環境の中、ハイキングや生き物観察などのプログラムが多数用意されています。また、箸作りやネイチャークラフトなど、さまざまなものづくり体験も。

生き物観察会

虫取り網と虫かごを持って野山へ向かいます。珍しいチョウも飛来するそうですよ。また山野草も豊富。所要時間3時間、料金は5人以上の場合、1人1500円

たこ作り体験

落ちても安全な、竹ひごを使わないビニール製の凧(たこ)を作ります。完成したら芝生の運動場で飛ばしましょう。所要時間3時間、料金は5人以上の場合、1人1500円

店舗情報

阿蘇なみの高原 やすらぎ交流館

住所
阿蘇市波野小地野663‐1
TEL
0967-23-0555
店舗ホームページ
http://www.aso-yasuragi.com
営業時間
9時~17時(受け付け)
休業日
不定
駐車場
50台
備考
※体験は要事前予約

美里町やすらぎ交流体験施設「元気の森かじか」

静かな山里で過ごす非日常の時間

緑深い山々に囲まれ、カジカガエルのすむ清流が流れる美里町払川地区。1999(平成11)年に閉校となった中央南小学校跡を利用した宿泊可能な体験施設。ここでは地元食材をふんだんに使った食育体験や、地域の木材を用いたバードコール作りなどの木工体験が日帰りで可能です。また夏にはプールや、横を流れる清流での水遊びもおすすめ。楽しい思い出になること間違いなしです。

釈迦院川が流れる静かな山里

釈迦院川が流れる静かな山里。日本一の石段「釈迦院御坂遊歩道」までは車で5分ほど

元気の森かじか おすすめポイント

四季を通じて充実する体験メニュー

石窯ピザやうどん作りなどの食育体験ほか、自然素材を使った草木染め、木工、ストーンペイントなど、親子で楽しめるプログラムが多数用意されています。

うどん作り

地元産の小麦粉を用いたうどん作り。包丁は使わずパスタマシーンを用いるので小さい子どもでも安心。所要時間は約2時間、料金1080円

木工手作り

ペン立てやバードコールなど参加者の年齢に応じてさまざまな木工を体験することができます。所要時間は1~2時間、料金1080円~

草木染め

タマネギの皮やアカネなどの自然素材を使った絞り染めで、ハンカチやエコバッグを染めてみましょう。所要時間2~3時間、料金1620円

店舗情報

元気の森かじか

住所
下益城郡美里町払川1675
TEL
0964-46-3993
店舗ホームページ
http://kajika.town-misato.com
営業時間
9時~22時(受け付けは8時30分~17時)
休業日
水曜
駐車場
50台
備考
※体験は要事前予約

ASO Kenny's Cafe(アソケニーズ カフェ)

廃校跡のカフェに全国からライダーが集まる

大分との県境に程近い旧河原小学校の校舎を利用したカフェ。毎年プライベートでここを訪れる、世界GPで活躍した往年の名ライダー、ケニー・ロバーツ氏が同店の“名誉校長”に就任したことでも話題に。同氏ゆかりのオートバイやグッズなども多数置かれ、日本中からオートバイ好きが集まる“聖地”となっています。また地元の人たちの良きコミュニケーションの場としても機能しています。

一番人気の「チキンソテーセット」700円。ドレッシングは地元の花農家さんが花びらを用いて開発した“花彩”。ほんのり良い香りが漂います

とにかく広い店内

とにかく広い店内。オートバイやライダー垂ぜんのグッズもズラリと展示されており必見

ASO Kenny's Cafe おすすめポイント

ケニー・ロバーツ氏の校長室も必見

親交のあるロバーツ氏は奥様が熊本出身。阿蘇ツーリングを楽しみに毎年のようにここを訪れているそう。

店舗情報

ASO Kenny’s Cafe(アソケニーズ カフェ)

住所
阿蘇郡高森町河原3113‐1
TEL
0967-65-0055
店舗ホームページ
http://www.tkbb.jp/aso-kennys-cafe/
営業時間
10時~日没
休業日
木・金曜
駐車場
50台

雲海珈琲焙煎所(旧女学校内)

焙煎仕立ての香り高いコーヒー豆

1902(明治35)年開校、77(昭和52)年に閉校した女学校の跡地。趣ある建物はそのまま、現在は数軒のしゃれたお店が軒を連ねています。その中の一軒「雲海珈琲焙煎所」は、店主が少量ずつ丁寧に焙煎するスペシャルティコーヒー豆の販売店。心くすぐる香ばしい香りが辺りに漂っています。店では季節に応じて豆と配合を変えるオリジナルブレンドを販売。これからの季節は深めに焙煎した、フルーティーでコク深い「アイスコーヒー豆」もおすすめです。

コーヒー豆は一律100g700円

手回しのサンプルロースターを用い、温度を小まめに計りながら丁寧に焙煎されます。コーヒー豆は一律100g700円

レトロなストーブが残る店内

レトロなストーブが残る店内。コーヒー豆は好みに応じて配合や煎(い)りの深さを調節してくれます

店主の菊池さん

「新鮮な豆を新鮮なうちに焙煎した豆はひと味違いますよ」と店主の菊池さん

店舗情報

雲海珈琲焙煎所(旧女学校内)

住所
阿蘇市一の宮町宮地3204 旧女学校内
TEL
090-4784-5674
店舗ホームページ
https://unkaicoffee.theshop.jp/
営業時間
12時~17時
休業日
火・水・木曜
駐車場
50台
旧女学校 おすすめポイント

バラエティー豊かなショップがめじろ押し!

※各店営業時間や定休日が異なりますので、事前に電話でご確認ください

café et brocante Tien Tien

レトロな雰囲気漂うカフェ。季節の野菜やフルーツを使ったメニューが人気です

お問い合わせ

café et brocante Tien Tien

TEL
080-6406-8133

Antiques & Staind Glass TOMMY'S ANTIQUES

アンティーク家具が並ぶ店内。仏・英・米で修業したステンドグラス職人の店

お問い合わせ

Antiques & Staind Glass TOMMY'S ANTIQUES

TEL
090-7817-3105

北風商店

イラストレーターのキタカゼパンチによる作品やグッズが多数展示販売されています

お問い合わせ

北風商店

TEL
0967-22-7544

湧水かんざらしの店 結

湧き水「龍命泉」が流れる店内で名物の“かんざらし”がいただけます。「阿蘇古美術 古和」「わき水の宿 阿蘇水屋敷」を併設

お問い合わせ

湧水かんざらしの店 結

TEL
0967-22-5488