熊本市内から車で約2時間半 秘境にしかない魅力の数々に感動!

宮崎県椎葉村へ1泊2日の旅

熊本県との境に位置する宮崎県椎葉村。日本三大秘境といわれるほど、手付かずの自然が残っています。キノコ狩りや紅葉を楽しめる秋がベストシーズンと聞き、1泊2日の旅に行ってきました。初めての経験ばかりで、驚きの連続でしたよ。(すぱいし~ず・彩)
■中心部の上椎葉で特産の手打ちそばを堪能

熊本市内から村の中心部までは、車で約2時間半。「椎葉民俗芸能博物館」といった歴史スポットや飲食店などが集まっています。まず、特産の手打ちそばが味わえる「よこい処しいば」でランチ♪ 力強い香りともちっとした食感で、絶品でした。

その後は、しばしドライブ。椎葉村は九州山地の中央部に位置し、標高1000m以上の山々と渓流を車窓から望めます。道中にあった上椎葉ダムは、日本初のアーチ式ダムで、”ダムマニア”垂ぜんの名所だそうです。

早朝に撮った雲海。地元の方いわく、さらに絶景の日があるそうなので、また訪れたいです。春と秋がオススメ

早朝に撮った雲海。地元の方いわく、さらに絶景の日があるそうなので、また訪れたいです。春と秋がオススメ

■ジブリ映画のような山でキノコ狩りトレッキング

次の目的地は、村の西側にある白鳥山。椎葉の山を知り尽くした地元の方の案内で、人生初のキノコ狩りに参加しました。

ジブリ映画に出てきそうな山は清らかな空気に包まれ、散策していると、地元で「コウムキタケ」と呼ばれるキノコを発見。美味で知られる品種だそうで、収穫したものは、この日の宿で鍋料理にしてもらいました。

トレッキングで日頃の運動不足を痛感…(汗)

トレッキングで日頃の運動不足を痛感…(汗)

もの○け姫に出てきそうな深い森が広がり、“秘境感”たっぷり!

■シイタケ、ヤマメ、野草… 山の幸でおなかいっぱい!

宿泊先は、標高約900mにある「民宿 焼畑」。広間にはいろりがあり、昔話の中に入り込んだような懐かしい雰囲気です。

夕食は椎葉産の食材尽くし。手のひらほどもあるシイタケ、ヤマメの塩焼き、キノコ鍋、野草の天ぷら…。中でも、シイタケは格別! いろりで焼くのも、しょうゆをかけただけのシンプルな食べ方も初めてでしたが、素材本来の濃厚な香りと味を感じられます。かむとうま味がジュワッと口の中に広がりました。

椎葉村産の生シイタケ。朝食のみそ汁もシイタケ入りだったのですが、だしがよく出ていて、こんなにうま味が詰まっているのかとビックリ!

椎葉村産の生シイタケ。朝食のみそ汁もシイタケ入りだったのですが、だしがよく出ていて、こんなにうま味が詰まっているのかとビックリ!

清流で取れた立派なヤマメを、いろりの火でじっくりと塩焼きに

コウムキタケは、ぷるんとした外側とシャキッとした内側の食感がクセになる味わい

コウムキタケは、ぷるんとした外側とシャキッとした内側の食感がクセになる味わい

■心洗われる雲海見学&初めてのそば打ち体験

翌朝、早起きして雲海を見に、再び白鳥山へ。村内には雲海スポットが点在し、各民宿で案内してくれるそうです。今まで見たことがない分厚い雲が広がるさまは、どこまでも続くような壮大で神秘的な絶景でした。

旅の最後は、「粒々飯々(つぶつぶまんま)共同作業体験場」で初めてのそば打ち。日本古来の焼畑農法で育てられた、大変希少なソバの実で作れます。拙い包丁さばきで極太になってしまいましたが、味は最高♡

初めて尽くしだった今回の旅。大自然の中で疲れた心身をリフレッシュできました♪ プログラムは多彩なので、同村観光協会のホームページをチェックしてみて。今の時季は紅葉やイベント(左下表)も楽しめます。足を延ばしてみませんか。

2~3時間でできるそば打ち体験。鶏肉、干しシイタケ、ゴボウが入った優しい味わいのつゆが、空腹に染みました


「椎葉平家まつり2019」

日時:11/8(金)~10(日) ※時間はお問い合わせを
会場:上椎葉街道一帯、鶴富屋敷

「上椎葉閣下(ダム)観光放流」

日時:11/16(土) 13時30分~14時40分(10時~12時に点検放流を実施)
会場:ダム堤体
駐車場:総合体育館、総合グラウンド、椎葉中学校グラウンド(利用は~17時) ※ダム堤体~駐車場を無料シャトルバスが運行

お問い合わせ

(一社)椎葉村観光協会

住所
宮崎県東臼杵郡椎葉村下福良1822‐4
TEL
0982-67-3139
営業時間
(電話受付)8時30分~17時