こんにちは。
スタッフの和です。
先日、家族でライブに行ってきたので、今回はその報告を。

BLACK BOTTOM BRASS BAND(BBBB)というバンドをご存じですか?
主に関西出身のメンバーで1993年に結成された、ニューオーリンズジャズスタイルのブラスバンド(http://bbbb1993.com/)です。

「ニューオーリンズジャズスタイル」でググってみると、ウィキをはじめ、何やら小難しいことが引っかかってきますが、分かりやすく言うと“打楽器と管楽器からなる楽団”だそう。
実際、BBBBも打楽器はスネアドラム、ベースドラムの2人、管楽器はトロンボーン、テナーサックス、アルト・バリトンサックス、トランペット、スーザフォン(持ち歩けるチューバみたいなやつ)の5人という構成です。

僕がBBBBのライブに初めて行ったのは4年前。
友人家族に誘われて家族で参加したんですが、あまりにも楽しくて翌日筋肉痛(?)になりました。
ジャズっていうと、かっこよくて渋いんだけど何だか難しいとか、よく知らないと分からないとか、要はツウが聴く音楽ってイメージ。
でも、BBBBの楽曲ってとにかく陽気なんですよね。
聴いていたら自然と体が動き出す、手拍子する、笑顔になる…そんな感じです(=筋肉痛)。
http://bbbb1993.com/gallery/
※随分前で一部メンバーが違いますが、宮崎のイベントの様子がYouTubeに上がってました↓

4月に発売された新譜「Turkey A GO GO」

わが家の長女は小学校の器楽部でユーフォニアム(チューバの小さいやつ)を担当していますが、4年前のそのライブがもしかしたら吹奏楽を始めるきっかけになったのかもしれません。
今では次女も同じ部活でトロンボーンを吹いています。


さて、前置きが長くなりましたが、先日、BBBBが菊陽町図書館ホールに来るということで、友人家族と行ってきました。
これまでも、東区の「ONE DROP」というお店にちょこちょこと来てて、そのたびに家族全員で聴きに行ってたんですが、小さいハコはそれはそれで間近で聴けて迫力あるライブだけど、ホールで聴くとバンドならではの一体感が心地よく響きます。

過去のアルバムの人気曲から始まり、4月に出た新譜の中からもたくさん披露してくれました。
スウィング・ジャズのド定番「Sing,Sing,Sing」なんかも飛び出し、たった7人でビッグバンド並みの迫力を出すなんてさすがだなと感動しきり!!!(と、サックス奏者の友人が言ってました)。

子ども連れのお客さんが多いのもBBBBライブの特長です。
曲の途中でも出入りが可能という、普通のライブではありえない懐の深さ。
観客総立ちで踊りまくりっていう激しさはないけど(ONE DROPなら大暴れですが)、大人も子どもも楽しめた90分でした。

ライブの後は、定番のサイン会。手前からYASSYさん(トロンボーン)、TAMOTSUさん(スーザフォン)、IGGYさん(テナーサックス・フルート)、MONKYさん(アルト・バリトンサックス)、ANTONさん(ベースドラム)

買った新譜にも皆さんのサイン

そして、わが家のサックスケースにも(意外と控えめ)


実は今回のライブ、余談がありまして。

この図書館ホールでライブをするときは、ワークショップがオプションになっています。
何をするかというと、希望する参加者が楽器を持ち寄って、BBBBのメンバーと一緒に曲をステージで披露するんです。
アンコールの2曲目がそれで、曲は「聖者の行進」。
比較的簡単だから、楽器初心者も結構多いんです。

前回はライブだけでしたが、今回は長女も次女もそれぞれ学校から楽器を借りてきました。
もう一つ、アルトサックスも。

ライブ本番の1時間前、ぎりぎりで到着して慌てて楽器を準備しているところに長女が「パパ、どうすんの? 出る?」。
「う~ん、めったにない機会だし、出てみようかな」。
楽器経験がまったくない四十半ばのオッサンの、あまりにも無謀な挑戦。
今思えば、アホですね…。

さて、リハーサル。
「じゃあ、音、合わせてみよっか」を合図に一斉に吹き始めます。
あれ? 音違うし…。
父「出だしはソシドレ、だよね?」
長女「そうだよ」
父「でも、音がズレてる…ホントにソシドレ?」
長女「そうだってば(怒)。ジャマせんで!」
…思春期入り口の12歳はちょっとしたことで口調が荒くなります。

リハーサル風景。音が合わず、頭が真っ白になってたころです

リハ風景その2。相当焦ってますが、とりあえず記念撮影

結局、一度もまともな音が出せないまま、リハ終了。
今までかいたことがない汗が吹き出し、顔が青ざめ、ひきつっていたのは言うまでもありません。
妻が一言「アルトだけん、ピッチが違うとたい」。
それを早く言え~!!!…つーか、ピッチて、なん?

ライブ本番が始まる直前まで、正しいキーで必死に練習。
そもそも勢いで参加表明し、事前に練習してこなかった自分が悪いんだけど…。

本番はといえば、まともに聞いていればひちゃかちゃだったんだろうけど、周りにたくさん上手な人がいたんで分からなかったと思う…(そう願う…)。
ただ、曲がりなりにも“ステージで演奏する”という人生で初めての経験はできました。

まさか、ステージを下りて客席をパレードするとは思わなかったけど(笑)。

アンコール2曲目、いよいよワークショップ参加者と一緒に演奏する「聖者の行進」です

小さい子どもから元気なおじいちゃんまで、ステージ上で“BBBBの一員”に

全員がぞろぞろとステージを下りて客席に。生音を間近で聴いていた人たちも興奮気味でした。僕は必死過ぎて笑う余裕なんぞありませんでしたが