冬より夏派のスタッフ涼です。
すでにこれからの季節が憂鬱になっています…。

普段から家に引きこもりがちですが、寒くなると特に外出が減ります。
むしろ、休日は家から出なくていいように、休み前の仕事帰りにはいろいろと買い溜めするレベルです。

もちろん、本屋(主にT●UTAYA)にも立ち寄って新刊(主に漫画)をチェック。

買い続けているシリーズの新刊や好きな作家さんの新作があると即買い、好きな絵柄や帯で“ジャケ買い”することもしばしば。
内心、(いつまで買い続けるんだろう…)と思うこともありますが、そこは、まぁ、追々…(…)。

さて、最近購入した中で、お薦めの作品をご紹介!
西炯子さんの「初恋の世界」です。

西さんの作品は、これまで「娚の一生」「姉の結婚」「恋と軍艦」と3作品持っており、「初恋の世界」も期待大で購入。

あぁ…さすが西先生…。女性の絶妙な心理描写や色気ある男性キャラ、世の中の見えないルールや慣習、時間のとらえ方の表現の仕方がとても素敵…。細くしなやかなタッチで描かれる“リアルさ”に、いろんな意味で胸がキュッと締め付けられます。

タイトルだけ見るとベタな恋愛漫画と思われがちですが、今のところ恋愛要素は薄いです。むしろ初恋要素なんて欠片も出てきません。
自分の周囲にいる人にもその人の人生があって、世界があって、悩みがあって…当たり前だけど忘れてしまうことを教えてくれる作品です。

話自体はまだまだ続きそうなので、タイトルが回収されるのを楽しみにしています。

あと、かわいい表紙デザインにも注目です。