スタッフ・彦です。
10月の初めから取り組み始めた「夜の2時間(12㎞)ウオーキング」。
(休みの日は昼間に歩くこともあります)

動機はもちろん、スリムな肉体を取り戻したいから…ですが、
人間ドックを受診した日赤健康管理センターから「特定保健指導」なるものを義務付けられたことも要因の一つです。
対象は腹囲85㎝以上(男性)の人?だそう。(間違っていたらスミマセン)

取り組むべき内容は、というと
事前に渡された記録シート(4カ月分)に、体重の計測(朝・晩)と、あらかじめ目標に掲げた運動(例:ウオーキング30分、など)をやったかどうか、そして、その日気付いたこと(食事内容など一口コメント)を毎日記録します。

1カ月が経過したら、その記録シートに、取り組んできた感想(痩せるためにどう努力したか、できなかった言い訳、どんな気付きがあったか―など)を書いて、センターに郵送。数日後、担当の方のコメントが付いて、シートが返送されてくるという流れです。これをさしあたって、4カ月繰り返します。モチベーションが上がらないと、結構、面倒に感じます。

日々の体重や運動・食事内容などを記録するシート。いったん痩せても飲み会のたびに体重が戻り、一進一退が続く(注:目を凝らして見ないように)

で、肝心のウオーキングですが、今のところ週3回はなんとかキープしています。
しかし、そう簡単に体重は落ちない。
でも、足に筋肉が少し付いてきて、いい感じです。筋肉痛も出なくなりました。

最近、気温がだいぶ下がってきて、これからが絶好のウオーキングシーズン。
もう少し、歩く頻度を上げようと思います。
週3回が週5回になれば、もう少し結果に表れるかも…。
でも、現状それは難しいかな。できる範囲で地道に頑張ろう!!

ウオーキングコースの大通り。夜の9時を過ぎると、交通量と人通りがぐんと減って、かなり寂しい