こんにちは、初スタッフブログのスタッフ哲です。

先日、久々に自転車に乗りました。自転車…と言っているのは、ロードバイクのことです。あの、ハンドルがグニャっと曲がっている自転車です。ここ数年、アニメ「弱虫ペダル」の影響もあってか、乗っている人が増えましたよね。

僕は「弱虫ペダル」の影響というわけではないですけど、数年前にハマってしまいました。ただ、3年前に子供が生まれてからは乗る回数が激減してしまっているという状況にあります。

ということで、3カ月ぶりのロードバイクでのサイクリングでした。

ロードバイクは長い距離を走ることができますが、最近の乗り方は休みの日に妻子が寝ている早朝に走って帰ってくるというもの。丸一日走りたい!という気持ちもありますが、家庭内の治安維持の観点から控えております。しかも、日ごろ長距離を走っていないので、いま長時間かつ長距離走れと言われても無理でしょうね。

こんな僕のサイクリングコースは自宅を早朝の薄暗い時間に出て、熊本市西区の本妙寺のふもとから県道1号線を天水方面に走るというもの。金峰山の山麓「峠の茶屋」を通過して、河内の丘の上で折り返すコースです。往復32キロ。ロードバイクの世界でいうと、大したことない距離ですが、たまにしか乗らない(乗れない)身には、往きののぼり坂がなかなかこたえます。坂がきつくて足をついてしまうほどではないものの、とにかくスピードが出ない。以前頻繁に走っていた時よりも明らかにスピードが落ちていて、坂の走り始めから峠の茶屋まででタイムを測っているんですけど、昔とは数分遅い。

とはいうものの、タイムレースに出ているわけでもないので、タイムにはあまりこだわらずに楽しむことにしています。僕にとってのロードバイクの楽しさは、自分の力で進むことの気持ちよさにあって、こんなに長い距離走れるんだ!ということとこんなにスピードを出せるんだ!というところに爽快感があります。あと、自分の足でやってきたところで見ることができたきれいな景色も、自動車で移動してきたのとは違う感動があります。

今回は河内地区はみかんが鈴なりで、農家の方々が収穫を開始されるところでした。あと、天気が良ければ雲仙普賢岳が見えるんですが、今回は少し雲がかかっていましたね。早朝はそれなりに寒かったです。

では、また自転車に乗ったら投稿します!