こんにちは、スタッフの本です。

ちょっと前のお話になりますが
10月の終わり、mama!milkさんのライブに行ってきました。
mama!milkさんはアコーディオンとコントラバスのデュオ。

もともとEGO-WRAPPIN’が好きで、
初期作品ではよく共演されていたので、お名前は知っていたのですが
実際にお二人だけの演奏を聴くのは初めて。

会場は、藤崎宮駅近くにあるオシャレで雰囲気バッチリのNIniさん。
お店の扉を開けると薄暗い照明の中、30席ほどの椅子。
空いていた前列の席をすかさずゲットし、ひとまずワンドリンクで乾杯。
いいですよね〜この瞬間 (๑´ڡ`๑)
仕事も終わって、楽しみにしていたライブ前の1杯!
(と言いつつお酒が呑めない私はジンジャーエールですがw)

いよいよお二人が登場し、会場はわずかに緊張感のある空気に。

「あれから。いかがお過ごしでしたでしょうか。」
丁寧に、優しい声で話すアコーディオンの生駒さん。
声めっちゃかわいい…!
私たちの座る席とその距離2m弱。めっちゃ近い…!!
細い腕で、全身で、アコーディオンを妖艶に操る姿には惚れ惚れしてしまいました。
アコーディオンを静かに開閉する音も、まるで深呼吸のよう。

そして以前から、楽器をするならコントラバスをしてみたいと思っていた私。
清水さんの演奏にも釘付けです。弓や指で弦を響かせるだけでなく、
打楽器のようにコッコッとリズムを刻むのもかっこいい〜!

あっという間の2時間。演奏後、お二人と少しお話もできて
楽器のことや、作品の舞台になった島の裏話なども聞けました。
音楽も、お二人の人柄もステキ!とても楽しいひとときでした。
 
清水さんいわく。
「コントラバス始めるなら、まず運ぶ練習からだね!」でした(笑)