寒いですね。コートにマフラーと、すでに冬と変わらない格好をしている麗です。こんにちは。
去る11月11日と12日、まだここまで寒くなかった週末に、今年最後のキャンプに行きました。

場所は「四季の里 旭志」。市内から1時間以内で行くことができ、標高も5~600mとそこまで高くなく、暖房器具を持っていない初心者キャンパーにはこの時期にぴったりの場所だったと思います。


今回是非やりたかった、ダッチオーブンで鶏の丸焼き。
鶏にオリーブオイルを塗りつけて、クレイジーソルトとニンニクパウダーとクミンとナツメグも塗り塗り。
ローズマリーなど入れると良いらいしいけど、スーパーになかったので断念。
ジャガイモとニンニクとともに、ダッチオーブンに入れて火にかけました。

どのくらいの時間火にかければいいのかよくわからなかったのですが、出来上がりはなかなか。身の中まで味が染みておいしかったです。

燻製にも挑戦しました。
材料はサーモン、チーズ、ホタテ。
前日の夜遅くにせっせと作った煮卵は、家に忘れてきてしまいました。
途中、燻製用チップに火が付いて、燃え上がるトラブルがあり、チーズは溶け、サーモンとホタテはいまいち燻し足らずとなりました。


日中はテント設営に汗をかいたものの、夜はかなり冷え込んで、焚き火から離れることができませんでした。でも、夏と違って虫がいないし、空気が澄んでいて星がきれいに見えるし、寒い季節のキャンプも悪くないですね。

四季の里は、敷地内に温泉施設もあり、しっかり温まることができました。
炊事場、トイレもきれいで、燃えるゴミは捨てて帰ることができます。(ただしビン・カンは持ち帰り)
炭や薪は購入できるほか、包丁、鍋、毛布などのレンタルもあり、たいていのものは忘れて行ってもなんとかなります。
この時期もまだまだテント泊のお客さんが多かったです。
隣のサイトの方から、強烈なイビキが響いていて、これじゃ寝られない! と思っていましたが、次に目が覚めたら朝でした。つまり熟睡でした。
全般的に快適でおすすめのキャンプ場です。

翌日は帰りに近くのコッコファームに寄って帰りました。卵をたくさん買ってニコニコ。
しかし家には忘れていった煮卵がこれまたたくさん残っていて、しばらく卵尽くしだったのは言うまでもありません・・・。

夕日もきれいでした


友人が作ってくれたホットサンド

友人が作ってくれたおでん

きのこのカルボナーラ風