こんにちは、スタッフ林です。

11月4日に書いたブログ「東京&長野旅行~紅葉狩り編~」の続きです。
今回は【ロケ地巡り編】と題して、東京旅行の思い出を振り返りたいと思います。

そもそも、なぜロケ地巡り? と思うかもしれませんが、
昔からミーハーなこともあり、ドラマのロケ地や
アニメのモデルとなった地に足を運ぶのが好きなんです(^^)

今まで東京で行った場所を書き出してみると、

□東京大学………………ドラマ「ドラゴン桜」のロケ地
□荒川河川敷……………ドラマ「金八先生」のオープニングロケ地
□台東区にある小学校…ドラマ「女王の教室」のロケ地
□東京国立博物館………アニメ「時をかける少女」のモデル地
□新宿御苑………………アニメ「言の葉の庭」のモデル地

まだあるような気がする…(笑)。

今回の旅行では、駆け足で5ヶ所を回りました。
まずはアニメのモデルとなった地のご紹介から。

先ほど挙げたアニメ「時をかける少女」。この映画、大好きなんです!!
この映画を見ないと夏が始まらない!ってくらいに(笑)。
ということで、ある場所に行ってきました。

そう、時かけファンなら誰しもが知っているであろうこの場所。
主人公・真琴が下校中、男友達の千昭から告白され、戸惑った結果、
「今日をやり直そう! (告白を)なかったことにしよう!」と
何度もタイムリープしては通る分かれ道です。

ここは新宿区の面影橋というところで、
真琴の家の前にある急勾配の坂も近くにありました。
実際にアニメのシーンと撮影した写真を見比べたのですが…
とにかく再現度が高い!!!!
家やマンションから電柱、葉っぱの傾き具合まで、そっっくりなんです!
比べた写真を貼りたいけど…控えます(汗)。
ぜひ、映画と見比べていただきたいです。

次に、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなった場所へ。
江戸東京たてもの園です。ここはジブリ公認のモデル地らしく、
三鷹の森ジブリ美術館内に、撮影した写真などの資料も置いてありました。

釜爺が働く油屋のボイラー室の薬草棚や、主人公の千尋やリンたちの寝室など、
見覚えのある場所がたくさん!! 意外と人はまばらで、ゆっくり見られました。
ジブリファンはぜひ(^^)

長くなったので、ドラマのロケ地巡りは次回にします☆