ロングよりショート派、スタッフ涼です。
髪の長さもブーツも短いのが好き。
こういうところにもシンプル&スッキリというポリシー(?)がにじみ出てますね。

さて、以前ブログで書いた「教団X」ですが、実はずいぶん前に読み終わりました。
ちょうど先月末くらい。

やっぱり本はどうしても一気に読んでしまいます。
ほぼ丸一日かけて読み、その世界観から抜け出せず、ずーっと思考がグルグルグルグル。
それくらいガツンと影響力のある一冊でした。

政治・宗教・カルト集団・世界情勢・性・倫理・哲学などの話がぎっしり詰まっていて、フィクションでありながらノンフィクションのような、夢のような現のような、心地良いような気持ち悪いような、読後はそんな浮遊感に襲われました。

ちなみに、純文学なので起伏や緩急はあまりないです。その淡々と進む様が余計リアル。

上記のキーワードに興味がある人にはめちゃくちゃお勧めですが、読んだ後は気力・体力ともに削られるので、心身ともに万全な状態の時に読んでください(笑)

「教団X」の作者、中村文則さんの最新作「R帝国」も早く読まねばと思いつつ、ハードカバーにはなかなか手が出せないんだよなぁ…(悩)