こんにちは、スタッフ本です。
GW、友人2家族と一緒に天草・産島へキャンプへ行ってきました。

産島は、すぱいすの3/9付号「あんなもの、こんなもの貸し切っちゃいました」特集でも
紹介がありましたが、河浦町沖に浮かぶ外周5㎞の無人島です。

無人島ですが、簡易トイレ・シャワー、バンガローはあるとのことだったので
何も心配ないね〜と思っていたのですが。
いざ持っていくものを用意してみると、車の後部座席はみっちり…(×3家族分)

テーブル椅子セット 、 バーベキュー道具 、炭、
食べ物、釣り道具 、寝袋 、着替え…

「無人島に何か1つだけ持っていくなら?」 なんて、サバイバル感はなく
快適さを求めた結果、1週間くらい住めそうな勢いです。

島までは地元の漁師さんに船で渡してもらい、大量の荷物を抱えて上陸。
宿泊棟が4つほどあり、先客も何組かいらっしゃったので、無人島感はありません。

着いたのが夕方ということもあり、さっそくバーベキューの準備。
とても天気のよかった昼の日差しも暗くなるにつれ寒くなり
皆バーベキューの火で手を温めながら、肉を焼きます。

少し離れた他の宿泊棟からも、ぽつぽつと暖かな灯が漏れて雰囲気良く、
ザザーーと響く波とパチパチ炭の焼ける音を聞ききながら、のんびりいい時間でした。
しかし5月とはいえ、海辺の夜はけっこう冷える〜

16畳ほどありそうなバンガロー

まだ海は冷たい〜

電気はないので暗闇BBQ

そして翌朝7:00。お父さんたちのイビキの合唱をもろともせず、
ぐっすり眠る子どもたちを起こし、魚釣り開始です。
風で波の流れも激しく、なかなか釣れない。

お! …フグ。 あっ… またフグ。 う… またまたフグ。
誰かフグの調理師免許を持ってれば、豪勢な朝ごはんだったでしょう

あ、今度こそなんかきた? 海藻?
違う! イカきたーー!!

結局、みんなで釣れたのはこの1匹だけ。
朝ごはんにタコ焼きをする予定(ゆでタコは購入済)だったので、
このイカも一緒に入れることに。
うん、もうどれがイカかわからないけど、美味しい(笑)

あっという間の1泊キャンプ。次来るときはもっと身軽で来よう!
(バーベキュードラムも島で借りられるようでした)

天草宝島観光(産島)
https://www.t-island.jp/p/spot/detail/92

釣れる気配無し…

キューキュー鳴くフグ

どれにイカが入ってるかはお楽しみ♪