こんにちは、読者スタッフの千田です!

12/13付すぱいすの読スタ企画で、
“クリスマスに読みたい絵本”を紹介させていただきました。
今まで、絵本は子どものためのものだと思い込んでいましたが、
長崎書店の中山さんが候補に挙げられた絵本を見て、
大人でも楽しめる絵本がこんなにあるのか…と新しい発見でした!

私が“大人でも楽しめる絵本”として紹介させていただいた
「ことばのかたち」は、
毎日の生活の中で発してしまう簡単な言葉一つ一つが
とても大事だと再認識させられる一冊でした。
口からあふれる言葉はなるべく優しく温かい言葉を選びたい―。
そう思い返しました。

この絵本はクリスマスに限らず、自分にも、子どものためにも
何度も読みたいなと思い、早速購入しました。
なんと!すぱいすで紹介された後、書店で入荷待ちになったとか。
うれしい反響です!

そうそう、読スタ会議の際、頭の良い子に育てたいなら
「絵本の読み聞かせ」が効果的だと話題になりました。
毎晩、読み聞かせをしてあげたいですが、なかなかそうはいかないもの。
でも、できる範囲で今後もいろんな絵本を読んであげたいなと思いました。
わが子が、百科辞典を読んでくれ!と持ってくるのは困りますが、
たくさんの本に出合い、
「想像力が豊かで想いを文字にできる人」に育ってほしいですね。

これからは毎年1冊ずつ、
クリスマスに「絵本」をプレゼントしようと思います。