先月の話ですが、妻と2人で、京都“ほぼ1泊”ツアーを楽しんできました。
一番のお目当ては、嵐山の鈴虫寺(正式には華厳時)。
「願いがかなうお寺」として全国的に有名で、当日も多くの参拝客が列を成していました。

参詣すると、まずは書院で鈴虫の音色を聴きながら、住職の説法に耳を傾けます。仏教のしきたりや禅の教えなどを中心に、時にユーモアを交えながらトークが繰り広げられ、思わず聴き入ってしまいました。

その後、「幸福御守」(300円)を手に入れ、幸福地蔵のもとへ=写真。願い事の際は、御守を手に挟んで祈願します。御守は願いがかなうまで身に着け、願い事がかなったら、古い御守を返しにお礼参りに訪れ、新しい御守に次の願い事をするのだそう。

「一度にできる願い事は一つだけ」というのを事前に聞いていたにもかかわらず、すっかり忘れて、いろんなことを願ってしまいました(笑&汗)。願い事、かなうかな??

鈴虫寺