こんにちは、スタッフ・本です。

この7月で娘が1歳になりまして、かわいい下の歯2本だけでにぃ〜っと笑い、
ムチムチの両手で(私の)顔をペチペチする、喜ばしい日々を送っております。

思いがけずちょっと大変なお産となり、昨年の今頃は私も娘も入院してました。
食事も制限されている中、夫がお見舞いに桃を持って来てくれ、
あまり動けないベッドの上で、1滴の果汁もこぼすまじと
それはもう真剣に剥き、夢中で食べたことを懐かしく思い出します。

果物の中で一番好きな桃。
スーパーでいい値段のものを買ってみても、けっこうあたりはずれがあって
ドキドキします。そんなとき、だいたい確実なのが「贈答品」。
お中元で頂けると最高なのですが、毎年頂けるとは限りません。

そこで今年。来ました、来ました♪
ふるさと納税の返礼品、香川県の三豊の桃。
届いたときはまだ香りがたってなかったので、
新聞紙に包んで、3日ほど寝せました。

桃は甘さもですが、なんといっても香りがいいですよね。
そっと〜やさしく〜力を入れずに〜皮むいて〜♪(年々剥くのが上達)
んーまい! あぁ、これは幸せの塊です…

うちの桃尻ちゃんの口にも入れてあげます。
もぐもぐ…(無表情)
まだこの感動はわからないか。。
来年は一緒に「おいしー!」が言えるといいね!