こんにちは、スタッフの本です。

9年ぶりに引越をすることになり、昨年末からぼちぼち荷造りを始めました。
なるべくモノを減らそうと頑張ってきましたが、
いよいよ一番気がかりだった場所に着手することに…

それは「冷蔵庫」。
ぎっしり詰まった冷蔵庫と、いつもパンパンな冷凍庫。
引越の前夜には中身を全て出し、コンセントを抜かなければならないのに
これたちをどうすれば。。

なぜこんなにパンパンなのか、わかってはいるんです。
ひとつは、昔から「好きなものは大事にとっておく性格」。
ケーキのイチゴも最後にとっておくし、
お取り寄せの美味しいものは、ここぞという時に食べたいために
大事にとっておきすぎて、賞味期限を切らしてしまうこともしばしば。
「もっと疲れて最高に食べたくなったときに…今じゃない」と
自分を追い込む謎のクセ。

それともうひとつ「買ってきたものを忘れる」。
片付けをしてて笑えました。
●チリペッパーの小瓶3つ(新品2つに、ほとんど使ってないのが1本)
●シナモンの小瓶も3つ
●製菓用のブランデーが2本
料理があまり得意でない私は、あまり普段使わない調味料も
レシピに書いてあると、つい買ってしまうのです。
「これはなくても大丈夫」とか「これで代用できる」という感覚を養いたい…

冷凍庫に関しては、冷凍したことに安心して、忘れる…

子どもができ、幼児食を頻繁に作るようになってからは
賞味期限切れのものを間違えて使わないようにと
以前よりは中身の回転もよくなりましたが、まだまだ。

引越は最大のチャンスと思って棄てる!
もうコレたちは“もったいない”の次元は通り越している
どんどんバンバン棄てる!

そして。明るい…
空間がたっぷりある冷蔵庫ってこんなに明るいんですね〜
引越前夜まであと少し。一つ肩の荷が下りました。